注目キーワード
とうもろこし
なす
トマト
ピーマン
豚肉
しょうが
豆腐
オクラ
ひんやり麺
めんつゆ

鮭入りポテトサラダレシピ

145Kcal(1人分換算)

鮭入りポテトサラダ

  • 携帯に送る
  • 印刷する
管理栄養士コメント
鮭に豊富に含まれるビタミンAやビタミンDは脂溶性のビタミンなので、マヨネーズを使うことで油分と一緒に摂取でき、吸収がよくなります。

145Kcal

1人分換算
脂質 8g
糖質 13.1g
塩分(食塩相当量) 0.5g
コレステロール 20mg
ビタミンD 2.1μg
ビタミンB2 0.06mg

全ての栄養素を見る

燃焼レベル

手洗いで洗濯 52分

手洗いで洗濯

レシピの栄養価グラフ
  • たんぱく質
  • 食物繊維
  • カルシウム
  • 鉄
  • ビタミンA
  • ビタミンB1
  • ビタミンC

※数値については成人女性30~49歳の参考値にて算出
※1日3食、1食3~4品で均等割+αで算出

材料

2人分

  • (基本の鮭フレーク)15g※作りやすい分量(300g)
  • ・鮭(甘塩)4切れ(皮、骨除き350g)
  • ・酒大さじ1
  • ・みりん小さじ2
  • ・塩小さじ1/4~1/3
  • ・しょうゆ小さじ1
  • じゃがいも1個(150g)
  • きゅうり1/3本(30g)
  • 少々
  • (調味料)
  • ・マヨネーズ大さじ1・1/2
  • ・カレー粉小さじ1/6
  • ・酢小さじ1/2
  • ・塩小さじ1/6
  • ・こしょう少々
  • サラダ菜2枚

作り方

  1. ※(基本の鮭フレークの作り方)鮭をゆでて水気を切ります。皮、骨を除いて粗くほぐします。鮭、酒、みりん、塩を入れて火にかけ、菜箸数本で炒りながら細かくほぐします(鮭の塩の抜け具合いをみて、加える塩の量を加減しましょう)。最後にしょうゆで調味します。

  2. ★前もって(調理時間外)作っておき、できあがりのうち、15gをここで使用します。

  3. 1

    じゃがいもは皮をむき、4~6つ割りにしてゆでて、ゆで湯を捨てます。再び火にかけ、木ベラで潰しながら余分な水分をとばして冷まします。

  4. 2

    きゅうりは薄輪切りにして塩をふり、しんなりしたら水気を絞ります。

  5. 3

    調味料を混ぜ合わせ、(1)のじゃがいも、(2)のきゅうりを和え、鮭フレークを混ぜます。

  6. 4

    サラダ菜を敷き、(3)を盛り付けます。

  7. ※じゃがいもはゆで湯を捨てたら、もう一度火にかけ、水分をとばしてほっくりとした状態にします。余分な水分がとんでいるので味がよくなじみます。

ワンポイントアドバイス

ほくほくしっとりおいしい定番ポテトサラダをカレー味で。骨を除いて作る鮭フレークは、小さいお子さんにも食べやすく、冷凍保存もできるので便利な一品です。※ここで余った鮭フレークは 鮭と水菜の和風スパゲッティ鮭そぼろの手まりずし、 などに応用できます。

ページの先頭へ戻る

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。
会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

料理レシピや写真・画像のご利用について