05360.jpg

ねぎとまぐろの鍋

170Kcal(1人分換算)
10-20

管理栄養士コメント

まぐろの赤身は脂質が少ない分カロリーが低く、特に血合い部分にはタウリンやビタミンEが多く含まれています。また、まぐろの鉄分やビタミンB12は、青ねぎに含まれる葉酸とともに、貧血予防に作用します。

材料(4人分)

まぐろ(赤身)
400g
青ねぎ
2束
(A)
・だし汁
3カップ
・しょうゆ
大さじ2・1/2
・酒
大さじ2・1/2
・みりん
大さじ2・1/2
一味唐辛子
少々

作り方

  1. 1.まぐろは7〜8mm厚の短冊切りにします。青ねぎは4〜5cmの長さの斜め切りにします。
  2. 2.鍋に(A)を煮立て、(1)を加えてサッと煮ます。
  3. ※お好みで一味唐辛子をふっていただきます。

ワンポイントアドバイス

東京の下町情緒が味わえる郷土料理です。

【栄養価(1人分換算)】

エネルギー(kcal) 170
たんぱく質(g) 26.6
脂質(g) 0.6
炭水化物(g) 10.2
糖質(g) 8.7
食物繊維(g) 1.5
塩分(食品相当量)(g) 1.9
カルシウム(mg) 52
鉄(mg) 2.7
カリウム(mg) 720
亜鉛(mg) 0.8
ビタミンE(mg) 0.8
ビタミンB1(mg) 0.2
ビタミンC(mg) 15
コレステロール(mg) 37
ビタミンB6(mg) 0.74
ビタミンB12(μg) 6.3
葉酸(μg) 58
エネルギー(kcal)170カリウム(mg)720
たんぱく質(g)26.6亜鉛(mg)0.8
脂質(g)0.6ビタミンE(mg)0.8
炭水化物(g)10.2ビタミンB1(mg)0.2
糖質(g)8.7ビタミンC(mg)15
食物繊維(g)1.5コレステロール(mg)37
塩分(食品相当量)(g)1.9ビタミンB6(mg)0.74
カルシウム(mg)52ビタミンB12(μg)6.3
鉄(mg)2.7葉酸(μg)58

この「レシピ」のキーワード

レシピレンタルはこちら