注目キーワード
クリスマス
さつまいも
介護食
白菜
やわらか食
おつまみ
鍋物
春菊

いわしの梅煮レシピ

173Kcal(1人分換算)

いわしの梅煮

  • 印刷する
管理栄養士コメント
いわしは脳の機能を高めるDHAや、血行を促進し代謝を高めるEPAを多く含んでいます。しょうがは魚の臭みをとるだけでなく、身体を温める働きもあるとされていますので、冷え性の予防に役立つメニューです。

173Kcal

1人分換算
脂質 8.3g
糖質 3.4g
塩分(食塩相当量) 3.8g
コレステロール 60mg
ビタミンD 28.8μg
ビタミンB2 0.36mg

全ての栄養素を見る

燃焼レベル

釣り 38分

釣り

レシピの栄養価グラフ
  • たんぱく質
  • 食物繊維
  • カルシウム
  • 鉄
  • ビタミンA
  • ビタミンB1
  • ビタミンC

※数値については成人女性30~49歳の参考値にて算出
※1日3食、1食3~4品で均等割+αで算出

材料

4人分

  • いわし大4尾(320g)※もし(小)なら24尾(360g)
  • 梅干し大4個
  • しょうが15g
  • (煮汁)
  • ・水1・1/2カップ
  • ・酒1/4カップ
  • ・みりん大さじ2
  • ・しょうゆ大さじ3
  • ・砂糖大さじ2
  • ・酢大さじ2
  • 長ねぎ1/2本

作り方

  1. 1

    いわしはうろこを取り、頭と尾を切り落とし、内臓を抜きます。ため水でしっかり洗い、水を何回か取り替えてきれいに処理し、半分に切ります。梅干しは種を取ります。しょうがは薄切りしておきます。

  2. 2

    鍋にいわしを放射状に並べ、煮汁を合わせたものを煮立てて注ぎます。梅干し、しょうがを加えます。紙ぶたか水でぬらした落としぶたをして、ゆっくり20分煮ます。

  3. 3

    煮汁が煮詰まってきたら、途中で何回かスプーンで煮汁を回しかけ、煮汁が少なくなるまで煮ます。

  4. 4

    器にいわしを盛り付け、梅干しを添えます。長ねぎを白髪ねぎにし、飾ります。

ワンポイントアドバイス

ご飯がすすむメニューです。お酒の肴にもぴったりですね。ここではいわしでやりましたが、さんまや他背の青い魚なら応用がききます。

ページの先頭へ戻る

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。
会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

料理レシピや写真・画像のご利用について

料理コンテンツの提案をご検討中の代理店、印刷会社の方へ「レシピレンタル」