注目キーワード
りんご
しめじ
唐揚げ
照り焼き
ささ身
パーティ
さつまいも
むね肉

鮭のおろし煮レシピ

198Kcal(1人分換算)

鮭のおろし煮

  • 携帯に送る
  • 印刷する
管理栄養士コメント
鮭のビタミンB群と大根のジアスターゼが消化吸収の手助けをしてくれるので、胃腸の調子を整えるのによい組み合わせです。ジアスターゼの効果を活かすには大根おろしを加熱し過ぎないことがポイントです。

198Kcal

1人分換算
脂質 6.8g
糖質 14.8g
塩分(食塩相当量) 3.1g
コレステロール 35mg
ビタミンD 19.2μg
ビタミンB2 0.18mg

全ての栄養素を見る

燃焼レベル

炊事 89分

炊事

レシピの栄養価グラフ
  • たんぱく質
  • 食物繊維
  • カルシウム
  • 鉄
  • ビタミンA
  • ビタミンB1
  • ビタミンC

※数値については成人女性30~49歳の参考値にて算出
※1日3食、1食3~4品で均等割+αで算出

材料

4人分

  • 生鮭4切れ(約240g)
  • 少々
  • 少々
  • 片栗粉適量
  • 揚げ油適量
  • (A)
  • ・だし汁300ml
  • ・みりん大さじ2
  • ・しょうゆ大さじ4
  • ・砂糖大さじ1
  • 大根(おろし)2カップ分
  • かいわれ菜1/4パック

作り方

  1. 1

    鮭は酒、塩をふって、下味を付けます。

  2. 2

    (1)の水気を切り、片栗粉をまぶして、中温の揚げ油で揚げます。

  3. 3

    (A)を合わせて煮立て、大根おろしの半量(1カップ)と(2)を加えて、弱火にし、しばらく煮ます。

  4. 4

    残りの大根おろしも加えて、ひと煮立ちさせ、器に煮汁ごと盛り付けます。

  5. 5

    かいわれ菜はサッと熱湯に通し、(4)に添えます。

ワンポイントアドバイス

鮭のビタミンB群と大根のジアスターゼが消化吸収の手助けをしてくれるので、胃腸の調子を整えるのによい組み合わせです。ジアスターゼの効果を活かすには大根おろしを加熱しすぎないことがポイントです。

ページの先頭へ戻る

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。
会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

料理レシピや写真・画像のご利用について