注目キーワード
とうもろこし
なす
トマト
ピーマン
豚肉
しょうが
豆腐
オクラ
ひんやり麺
めんつゆ

牛肉のチンゲン菜巻きのトマトソース添えレシピ

523Kcal(1人分換算)

牛肉のチンゲン菜巻きのトマトソース添え

  • 携帯に送る
  • 印刷する
管理栄養士コメント
チンゲン菜のβ-カロテンとトマトのリコピンの効果で、老化を防ぎ、肌や皮膚を若々しく保ってくれます。また、脂身が少なくヘルシーな牛もも肉を使えば、カロリーも抑えられます。

523Kcal

1人分換算
脂質 35.4g
糖質 20.3g
塩分(食塩相当量) 1.5g
コレステロール 110mg
ビタミンD 0.2μg
ビタミンB2 0.28mg

全ての栄養素を見る

燃焼レベル

キャッチボール 156分

キャッチボール

レシピの栄養価グラフ
  • たんぱく質
  • 食物繊維
  • カルシウム
  • 鉄
  • ビタミンA
  • ビタミンB1
  • ビタミンC

※数値については成人女性30~49歳の参考値にて算出
※1日3食、1食3~4品で均等割+αで算出

材料

4人分

  • チンゲン菜(葉先)4株分
  • 牛もも肉(ブロック)320g
  • ポワロー(または長ねぎ)1/2本
  • サラダ油少々
  • 少々
  • こしょう少々
  • バター30g
  • 赤ワイン大さじ2
  • バター(溶かしバター用)適量
  • (トマトソース)
  • ・バター50g
  • ・にんにく1/2片
  • ・玉ねぎ1/2個
  • ・セロリ80g
  • ・塩少々
  • ・こしょう少々
  • ・赤ワイン100ml
  • ・ホールトマト(缶詰)600g
  • ・カイエンヌペッパー少々
  • ・ローリエ1枚
  • ・ワインビネガー(赤)小さじ1
  • (付け合わせ)
  • ・フランスパン適量

作り方

  1. 1

    チンゲン菜は葉を1枚ずつはがしてゆで、広げておきます。

  2. 2

    ポワローは3cmの長さの千切りにし、サラダ油を熱したフライパンでサッと炒めます。

  3. 3

    牛肉は40gの角切りにし、塩、こしょうをします。

  4. 4

    フライパンにバターを熱して(3)を焼き、赤ワインをふって、フランベします。

  5. 5

    (1)を3~4枚ずつ少し重なるように並べ、(4)と(2)をのせて包みます。

  6. 6

    オーブン皿に並べ、上に溶かしバターをたっぷり塗って、ガス高速オーブンで焼きます(180℃に予熱し、約5分)。

  7. 7

    トマトソースを作ります。鍋にバターを熱し、みじん切りのにんにくを炒めて香りを出し、みじん切りの玉ねぎとセロリを炒めて、塩、こしょうをします。赤ワインを加えて2/3量くらいになるまで煮詰め、ホールトマトを潰しながら加え、カイエンヌペッパー、ローリエを加えて煮込みます。火から下ろし、ワインビネガーを加えます。

  8. 8

    フランスパンは薄切りにし、ガス高速オーブンでトーストします(200℃に予熱し、約2分)。

  9. 9

    器に(6)を盛り、(7)のトマトソースをかけて、(8)のフランスパンを添えます。

ワンポイントアドバイス

チンゲン菜のβ-カロテンとトマトのリコピンの効果で、老化を防ぎ、肌や皮膚を若々しく保ってくれます。牛肉は、もも肉なら脂身が少なくヘルシーなので安心です。

ページの先頭へ戻る

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。
会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

料理レシピや写真・画像のご利用について