注目キーワード
白菜
大根
かぶ
長ねぎ
鍋物
フライパンひとつ
バレンタイン
鶏むね肉
長いも

さわらの中華風卵黄炒めレシピ

415Kcal(1人分換算)

さわらの中華風卵黄炒め

  • 携帯に送る
  • 印刷する
管理栄養士コメント
卵黄の成分であるレシチンは、血管壁へのコレステロール沈着を防ぐ働きがあります。さわらに含まれるEPAにも血栓を防ぐ作用があり、合わせてとることで動脈硬化の予防効果がさらに期待できます。

415Kcal

1人分換算
脂質 30.8g
糖質 2.9g
塩分(食塩相当量) 1.1g
コレステロール 439mg
ビタミンD 8.6μg
ビタミンB2 0.51mg

全ての栄養素を見る

燃焼レベル

平泳ぎ 45分

平泳ぎ

レシピの栄養価グラフ
  • たんぱく質
  • 食物繊維
  • カルシウム
  • 鉄
  • ビタミンA
  • ビタミンB1
  • ビタミンC

※数値については成人女性30~49歳の参考値にて算出
※1日3食、1食3~4品で均等割+αで算出

材料

4人分

  • さわら(上身)400g
  • 長ねぎ130g
  • しょうが40g
  • 大さじ2
  • 卵黄6個分
  • 少々
  • こしょう少々
  • サラダ油適量
  • ごま油適量
  • コリアンダー少々

作り方

  1. 1

    さわらは皮、血合いを取り、適当な大きさに切ります。

  2. 2

    長ねぎは千切りし、しょうがは薄切りにします。

  3. 3

    皿に(2)の長ねぎ(50g)、しょうが(20g)をのせ、(1)をのせて酒をふり、酒蒸しにします。

  4. 4

    蒸し上がれば、さわらの身を粗くほぐします。

  5. 5

    サラダ油を熱して、(2)の残りの長ねぎ、しょうがを炒め、香りが出れば、(4)、卵黄を加えて手早く炒め、塩、こしょうで調味して、ごま油を落とします。

  6. 6

    器に盛り、コリアンダーを飾ります。

ワンポイントアドバイス

卵黄の成分であるレシチンは、血管壁へのコレステロール沈着を防ぐ働きがあります。サワラに含まれるEPAにも血栓を防ぐ作用があり、合わせて摂ることで動脈硬化の予防効果がさらに期待できます。

ページの先頭へ戻る

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。
会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

料理レシピや写真・画像のご利用について