注目キーワード
とうもろこし
なす
トマト
ピーマン
豚肉
カレー
そうめん
オクラ
ひんやり麺
めんつゆ

かぼちゃのビスコッティレシピ

63Kcal(1本分換算)

かぼちゃのビスコッティ

  • 携帯に送る
  • 印刷する
管理栄養士コメント
かぼちゃはビタミンEやC、β-カロテンなどのビタミンを豊富に含んでいる野菜です。全粒粉はビタミンB群が豊富に含まれていますので、様々な代謝に役立つビタミンがたっぷりととれる組み合わせです。

63Kcal

1本分換算
脂質 1.2g
糖質 10.6g
塩分(食塩相当量) 0.1g
コレステロール 14mg
ビタミンD 0.1μg
ビタミンB2 0.02mg

全ての栄養素を見る

燃焼レベル

裁縫 47分

裁縫

レシピの栄養価グラフ
  • たんぱく質
  • 食物繊維
  • カルシウム
  • 鉄
  • ビタミンA
  • ビタミンB1
  • ビタミンC

※数値については成人女性30~49歳の参考値にて算出
※1日3食、1食3~4品で均等割+αで算出

材料

約15本分

  • かぼちゃ(皮ごとマッシュしたもの)50g
  • 薄力粉100g
  • 全粒粉45g
  • ベーキングパウダー小さじ1
  • 1個
  • 砂糖50g
  • ひとつまみ
  • かぼちゃの種(塩、オイルコーティングなしのもの)20g

作り方

  1. (下準備)卵は常温に戻しておきます。薄力粉、全粒粉、ベーキングパウダーは合わせてふるっておきます。

  2. 1

    かぼちゃは皮付きのまま小さめの乱切りにします。耐熱ボウルに入れてラップをかけ、電子レンジ(600W)で3分加熱します。やわらかくなったら、フォーク等で潰しておきます。

  3. 2

    ボウルに卵を入れて泡立て器で溶きほぐし、砂糖、塩を加えてよく混ぜます。ふるった粉類、マッシュしたかぼちゃ、かぼちゃの種を加えてゴムベラで切るように混ぜます。

  4. 3

    オーブン皿にオーブンシートを敷き、(2)をのせます。生地がべたつきやすいので、全粒粉(分量外)を少し手に取り、2cmの厚みになるように広げて形を整え、180℃に予熱したオーブンで15分焼きます。

  5. 4

    一度取り出し、1cm幅に切って断面を上にします。170℃に下げたオーブンで15分焼いたら、温度を120℃に下げて40分ほど乾燥焼きをします。

  6. ※かぼちゃの水分によって生地のかたさが変わりますので、乾燥焼きをする時間は、焼き上がり状態を見ながら調節してください。

  7. ビスコッティは「2度焼いた」という意味のイタリアのかた焼きビスケット。カリカリに焼き上げたビスコッティは、牛乳やココアに浸して食べてもおいしいですよ。

ワンポイントアドバイス

カリッと焼いたビスコッティは比較的保存もききますので、たくさん作っておいて、おやつや小腹のすいたときにどうぞ。好みのドライフルーツなどを入れても、また違った味が楽しめます。

ページの先頭へ戻る

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。
会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

料理レシピや写真・画像のご利用について