注目キーワード
なす
こんにゃく
弁当
から揚げ
照り焼き
ささ身
ツナ缶
かにかま
ベーコン

圧力鍋でさばの梅酒煮レシピ

208Kcal(1人分換算)

圧力鍋でさばの梅酒煮

  • 携帯に送る
  • 印刷する
管理栄養士コメント
さばはコレステロールや中性脂肪を抑え、動脈硬化を予防するEPA(エイコサペンタエン酸)、DHA(ドコサヘキサエン酸)などの不飽和脂肪酸が含まれます。血流をよくし、生活習慣病対策に役立つ血管のアンチエイジング食材と言えます。

208Kcal

1人分換算
脂質 12.3g
糖質 7g
塩分(食塩相当量) 1.2g
コレステロール 37mg
ビタミンD 3.1μg
ビタミンB2 0.23mg

全ての栄養素を見る

燃焼レベル

踏み台昇降 43分

踏み台昇降

レシピの栄養価グラフ
  • たんぱく質
  • 食物繊維
  • カルシウム
  • 鉄
  • ビタミンA
  • ビタミンB1
  • ビタミンC

※数値については成人女性30~49歳の参考値にて算出
※1日3食、1食3~4品で均等割+αで算出

材料

4人分

  • さば2尾(400g)
  • 梅干し4個
  • しょうが15g
  • (煮汁)
  • ・昆布10cm(5cm×2枚)
  • ・水1カップ
  • ・しょうゆ大さじ3
  • ・梅酒大さじ3
  • ・砂糖小さじ2
  • ・みりん大さじ1
  • にら1束
  • ごま油小さじ2

作り方

  1. 1

    さばは、うろこを取り、頭と内臓を処理し、しっかり水洗いします。水気をしっかり取り、2つに切り分けます。しょうがは皮をむき、薄切りにします。煮汁用の昆布はぬれふきんでふいておきます。にらは食べやすい長さに切ります。

  2. 2

    圧力鍋に煮汁の材料を合わせ、火にかけます。煮立ったら(1)のさば、梅干し、しょうがを入れます。

  3. 3

    ふたをして強火にかけ、蒸気が上がったら弱火にして5分加圧し、火を止めて自然に圧力が下がるまで10分自然放置しておきます。

  4. 4

    ふたを開け、再度火にかけます。ここではやや強火です。お玉で煮汁をさばにかけて照りを出します。

  5. 5

    昆布を半分に切って器に敷き、さば、梅干し、しょうがを盛り付けます。煮汁でにらをサッと煮、ごま油で仕上げて添えます。

ワンポイントアドバイス

定番のレシピですが、圧力鍋なら簡単に調理が出来、時間さえきちんと守れば煮くずれる心配もありません。始めは強火で、蒸気が上がったら弱火にして加圧して下さい。梅の爽やかな酸味が青魚の臭いを消してくれます。

ページの先頭へ戻る

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。
会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

料理レシピや写真・画像のご利用について