注目キーワード
とうもろこし
なす
トマト
ピーマン
豚肉
しょうが
豆腐
オクラ
ひんやり麺
めんつゆ

シフォンケーキレシピ

463Kcal(1/8切れ分換算)

シフォンケーキ

  • 携帯に送る
  • 印刷する
管理栄養士コメント
絹織物のように軽い食感のシフォンケーキは、基本の作り方をマスターし、砂糖を調整したりフルーツ、ナッツ、野菜を加えてバラエティー豊かで栄養価に富んだオリジナルのデザートに仕上げてはいかがでしょう。

463Kcal

1/8切れ分換算
脂質 35.4g
糖質 26.1g
塩分(食塩相当量) 0.1g
コレステロール 483mg
ビタミンD 2μg
ビタミンB2 0.2mg

全ての栄養素を見る

燃焼レベル

睡眠 578分

睡眠

レシピの栄養価グラフ
  • たんぱく質
  • 食物繊維
  • カルシウム
  • 鉄
  • ビタミンA
  • ビタミンB1
  • ビタミンC

※数値については成人女性30~49歳の参考値にて算出
※1日3食、1食3~4品で均等割+αで算出

材料

20cm型1台分

  • 5個
  • 砂糖100g
  • サラダ油70ml
  • 70ml
  • 薄力粉110g
  • ベーキングパウダー3g
  • バニラエッセンス適量
  • (デコレーション)
  • ・生クリーム300ml
  • ・粉糖大さじ2

作り方

  1. 1

    卵は卵黄と卵白を丁寧に分けて、卵白は冷やしておきます。薄力粉はふるって、ベーキングパウダーを合わせておきます。

  2. ★とにかく卵白をしっかりキンキンに冷やすことがポイントです。冷凍庫にボウルごと入れて、とにかく冷やしてください。

  3. 2

    サラダ油と水を合わせ、沸かしておきます。

  4. 3

    卵黄に砂糖の1/3量を合わせてしっかり混ぜます。(2)を少しずつ加えて泡立て器で混ぜ合わせ、バニラエッセンスも加えます。熱が無くなるまでしっかり混ぜます。

  5. ★卵黄と砂糖を合わせるだけではなく、卵黄自体がふんわりと泡立っていなければなりません。

  6. 4

    しっかりと冷やした卵白をハンドミキサーで泡立てます。そのうちの1/3に、残りの砂糖を加えて徐々にミキサーのスピードを上げ、しっかりとしたメレンゲを作ります。ツノがしっかり立つくらいに泡立てます。

  7. ★シフォンケーキを焼く時の失敗は、ほとんどこの卵白の泡立て方によります。しっかりとツノが立つくらい(ボウルを逆さにしても泡が落ちないぐらい)泡立てておきましょう。

  8. 5

    (3)に再度ふるった薄力粉とベーキングパウダーを合わせ、泡立て器で混ぜ合わせます。(4)の卵白の1/3を加え、ゴムベラで切るようにボウルの底から合わせます。

  9. ★卵黄の泡立てたかたさと、泡立てた卵白のかたさが同じであれば、生地は均等に混ざります。これによりふんわりとしたシフォンケーキが焼き上がります。

  10. 6

    さらに残りの(4)の卵白を加え、泡を消さないように、ゴムベラでボウルの底から切るように混ぜ合わせます。シフォンケーキの型にまんべんなく入れ、170℃のオーブンで35分焼きます。

  11. ★初心者の場合は、ゴムベラの代わりに泡立て器を使い、ボウルの底から生地をすくって落とすように混ぜてもOKです。泡は潰さないようにします。

  12. 7

    ワインの瓶やビール瓶のくちに、型ごとひっくり返して差し込み、冷めるまでそのまま置いておき、完全に冷めたら型から抜きます(ひっくり返さないと生地がしぼんでしまいます)。

  13. 8

    デコレーションの用意をします。ボウルによく冷えた生クリームを入れ、粉糖を加え、七分立てに泡立てます。

  14. 9

    パレットナイフで(7)のケーキ全体に、まんべんなく生クリームを塗ります。

ワンポイントアドバイス

シフォンケーキは卵白の泡立てが命です!泡立てる材料はしっかり冷やしておくことがポイントです。ふんわりとした口当たりをお楽しみください!基本のシフォンケーキのポイントはこちら

ページの先頭へ戻る

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。
会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

料理レシピや写真・画像のご利用について