注目キーワード
りんご
しめじ
唐揚げ
照り焼き
ささ身
パーティ
ハロウィン
ベーコン

菜の花とミニトマトのお浸しレシピ

27Kcal(1人分換算)

菜の花とミニトマトのお浸し

  • 携帯に送る
  • 印刷する
管理栄養士コメント
菜の花には赤血球を作る葉酸がたっぷり含まれています。葉酸が欠乏すると貧血になりやすいだけではなく、口内炎や肌荒れしやすくなります。また、だしのイノシン酸にトマトのグルタミン酸をプラスするとうま味成分が増しておいしくなります。

27Kcal

1人分換算
脂質 0.2g
糖質 2.7g
塩分(食塩相当量) 0.7g
コレステロール 0mg
ビタミンD 0μg
ビタミンB2 0.16mg

全ての栄養素を見る

燃焼レベル

階段の上り下り 5分

階段の上り下り

レシピの栄養価グラフ
  • たんぱく質
  • 食物繊維
  • カルシウム
  • 鉄
  • ビタミンA
  • ビタミンB1
  • ビタミンC

※数値については成人女性30~49歳の参考値にて算出
※1日3食、1食3~4品で均等割+αで算出

材料

2人分

  • 菜の花1/2束(100g)
  • ミニトマト6個
  • (A)
  • ・だし汁1/4カップ
  • ・塩小さじ1/6
  • ・しょうゆ小さじ1/2

作り方

  1. 1

    菜の花は根元を切り、3~4cmの長さに切ります。ミニトマトはヘタを取ります。

  2. 2

    ミニトマトを湯むきします。鍋に湯を沸かし、ミニトマトを加え、皮がはじけたら、すぐに水に取って皮をむきます。同じ湯に菜の花を入れて1~2分ゆで、水に取って色止めし、水気を絞ります。

  3. 3

    (A)を合わせ、(2)の菜の花、ミニトマトを浸します。

ワンポイントアドバイス

早春の香りがする菜の花とトマトのお浸しレシピ。2~3月が最盛期の菜の花は、やわらかくてくせがないので、さっとゆでてお浸しにぴったり。菜の花の緑と、トマトの赤が見た目にも元気をくれるビタミンカラーの一皿です。ミニトマトの皮をむくと食べやすくなり、味のしみ込みもよくなります。菜の花のかわりにアスパラやなばななどでもよいでしょう。

ページの先頭へ戻る

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。
会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

料理レシピや写真・画像のご利用について