注目キーワード
大根
鍋物
鶏もも肉
白菜
長ねぎ
里いも
納豆
クリスマス
基本
れんこん

えびいもの肉みそお焼きレシピ

234Kcal(1人分換算)

えびいもの肉みそお焼き

  • 携帯に送る
  • 印刷する
管理栄養士コメント
豚肉やえびいもには脂肪の燃焼に必要なビタミンB2が多く含まれているので、代謝にもつながり、他のお料理より、肉の脂分や焼き油の摂取量を気にせずに済みます。えびいもは低カロリーで腹持ちがよいので、ダイエット中にもお勧めです。

234Kcal

1人分換算
脂質 17.3g
糖質 9.9g
塩分(食塩相当量) 0.5g
コレステロール 22mg
ビタミンD 0.1μg
ビタミンB2 0.09mg

全ての栄養素を見る

燃焼レベル

散歩 88分

散歩

レシピの栄養価グラフ
  • たんぱく質
  • 食物繊維
  • カルシウム
  • 鉄
  • ビタミンA
  • ビタミンB1
  • ビタミンC

※数値については成人女性30~49歳の参考値にて算出
※1日3食、1食3~4品で均等割+αで算出

材料

2人分

作り方

  1. 1

    えびいもの皮をむいて1個ずつ(約65g)に切り、それぞれラップをして電子レンジでやわらかくなるまで蒸します(約5分)。

  2. 2

    豚ひき肉に刻んだ高菜漬けとみそを軽く混ぜます。簡単に混ぜることで肉の食感が残り、肉汁がえびいもににじみ出て美味しくなります。練らないように混ぜ合わせるだけです。

  3. 3

    (1)のえびいもは、1個ずつ粗熱が取れてからラップを開き、ラップの中で、ラップごと折りたたむように潰して練ります。押し潰して平らにし、(2)の肉みそを真ん中において折り重ねるように包みます。すき間がないように形を整えます。もうひとつも同様に作ります。

  4. ※えびいもはねっとりとしていて手に付くので、すべてラップの中で仕上げると手も汚れず、きれいにできます。

  5. 4

    (3)に片栗粉をつけ、ラップで包みなおし、電子レンジで3分加熱し、中の肉に火を通します。

  6. 5

    フライパンに多めにごま油をひき、熱くなってから(4)を入れ、表面に焦げ目が付くまで裏表焼きます。表面がカリッとしたらできあがりです。

  7. ※えびいもを煮てから潰すと味わいが深まりますが、蒸すだけでも素朴な甘味を楽しめて、お勧めです。里いもでも同様に作ることができ、中の具を鶏や牛に変えたり、漬け物を野沢菜やしょうがの甘酢漬けに変えたりと、アレンジが楽しめます。種類を変えて作るときは見分けが付くように、えびいもの生地に青のりやねぎを練り込んでも楽しいでしょう。

ワンポイントアドバイス

焼くだけで火を通すと時間がかかり、生地もやわらかいのでくずれやすく、均等に火を通すのが難しくなります。えびいもに片栗粉を練り込むと生地が割れにくく扱いやすくなりますが、せっかくのえびいもがかたくなってしまいます。電子レンジで火を通して蒸しかためると形も維持でき、サッと焼くだけでできあがるので失敗しません。また、蒸している間に肉汁が生地に染み込んでより美味しくなるのでお勧めです。

ページの先頭へ戻る

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。
会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

料理レシピや写真・画像のご利用について