注目キーワード
大根
鍋物
鶏もも肉
白菜
長ねぎ
里いも
納豆
クリスマス
基本
れんこん

基本の煮ごぼうレシピ

138Kcal(1/6人分換算)

基本の煮ごぼう

  • 携帯に送る
  • 印刷する
管理栄養士コメント
太く短い根が特徴的な京野菜・堀川ごぼうは、一般のごぼうに比べて食物繊維、ビタミンB1などの含有量が高めです。特にビタミンCは普通のごぼうの約3倍も多く含まれています。

138Kcal

1/6人分換算
脂質 0.2g
糖質 19g
塩分(食塩相当量) 1.9g
コレステロール 0mg
ビタミンD 0μg
ビタミンB2 0.08mg

全ての栄養素を見る

燃焼レベル

自動車の運転 103分

自動車の運転

レシピの栄養価グラフ
  • たんぱく質
  • 食物繊維
  • カルシウム
  • 鉄
  • ビタミンA
  • ビタミンB1
  • ビタミンC

※数値については成人女性30~49歳の参考値にて算出
※1日3食、1食3~4品で均等割+αで算出

材料

作りやすい分量(650g)

作り方

  1. 1

    ごぼうを洗い、鍋に入る高さに大きく切り、鍋に隙間なく立てて並べます。

  2. 2

    別の鍋でだし汁と調味料をあわせて温め、調味料をよく溶かします。

  3. 3

    (1)のごぼうに(2)で温めた煮汁をひたひたになる程度に注ぎます。火にかけて沸いてきたら中火にし、キッチンペーパーで落としぶたをして30分、水を足しながら煮ます。やわらかいものが好みであれば1時間程煮ます。

  4. ※煮ごぼうを、薄味にしたい場合は水を足しながら煮詰めずに仕上げてください。おせちなど濃い味に仕上げたい場合は、煮汁が半量になるくらいまで煮詰めるなど、お好みで調整してください。

  5. ※煮ごぼうは、煮終わったら、煮汁につけたまま冷めるまでおいておきます。その後アレンジ料理に使う、あるいは煮汁ごと冷蔵庫で保存します。冷蔵保存で4~5日保存できます。

  6. ※普通のごぼうでもおいしくできます。細めのごぼうなら4本程度、太めのごぼうなら2本程度が目安です。

ワンポイントアドバイス

普通のごぼうでもおいしくできるレシピです。まとめて作っておくと、お好みの煮物に加えるほか、いろいろな料理に使えます。【八幡ごぼう】ごぼうを芯に牛肉やうなぎをまいて甘辛く炒め煮にします。【鋳込み】芯を抜いてひき肉をつめて煮物にします。【炒め物】チャーハン、野菜炒め、肉炒めに加えると、ごぼうのだしで美味しくなります。【揚げ物】素揚げでも天ぷらでも楽しめます。【グラタン・クリームシチュー・トマト煮込み】しょうゆの下味が思いのほか合います。【和え物】白和え、胡麻和え、お浸し等。

ページの先頭へ戻る

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。
会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

料理レシピや写真・画像のご利用について