注目キーワード
新じゃが
アスパラガス
サンドイッチ
いちご
お弁当
さやいんげん
鶏むね肉
新玉ねぎ
たけのこ

エリンギと菜の花のからし浸しレシピ

16Kcal(1人分換算)

エリンギと菜の花のからし浸し

  • 携帯に送る
  • 印刷する
管理栄養士コメント
エリンギに豊富な不溶性食物繊維により、腸内の有害物質を効率よく排出し、便秘・整腸を促し、腸が整うことで免疫力がアップします。エリンギにはビタミン類とミネラル分も豊富ですが、菜の花を組み合わせることで、抗酸化作用のあるビタミンA、ビタミンC、ビタミンEが補給できます。からしの殺菌効果も含め、免疫強化に効果的な組み合わせです。

16Kcal

1人分換算
脂質 0.3g
糖質 1.8g
塩分(食塩相当量) 0.6g
コレステロール 0mg
ビタミンD 0.3μg
ビタミンB2 0.09mg

全ての栄養素を見る

燃焼レベル

なわとび 2分

なわとび

レシピの栄養価グラフ
  • たんぱく質
  • 食物繊維
  • カルシウム
  • 鉄
  • ビタミンA
  • ビタミンB1
  • ビタミンC

※数値については成人女性30~49歳の参考値にて算出
※1日3食、1食3~4品で均等割+αで算出

材料

4人分

作り方

  1. 1

    エリンギを長さ半分に切り、食べやすい大きさのくし形切りにします。グリルに並べて強火で焼き目が軽く付くまで4分程度焼きます。

  2. 2

    菜の花は塩ゆでして冷水で冷やし、水分をよく絞って半分に切っておきます。

  3. 3

    だし汁、酒、しょうゆ、からしをよく合わせてたれを作ります。

  4. 4

    たれに菜の花、エリンギを入れて浸し、味をなじませてできあがりです。すぐに食べても美味しいですが、冷蔵庫で冷えるまで休ませるとより味がなじんでおすすめです。

ワンポイントアドバイス

菜の花は湯がきすぎるとすぐに柔らかくなるので、お湯に入れて揺らしながら強火で再沸騰を待ち、沸いたら30秒ですぐに冷水に取って下さい。だし汁は和風だしでも、コンソメでも、鶏がらスープでも、美味しくできます。エリンギはフライパンで炒めるより、グリルで焼く方が水分が飛び、だしをよく吸って美味しく出来上がります。特に油で炒めたりすると味が入らないので気をつけて下さい。

ページの先頭へ戻る

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。
会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

料理レシピや写真・画像のご利用について