注目キーワード
ピーマン
ホットケーキミックス
きゅうり
梅干し
トマト
やわらか食
なす
鶏むね肉
しし唐辛子
青じそ

鶏レバー団子のトマト煮込みレシピ

144Kcal(1人分換算)

鶏レバー団子のトマト煮込み

  • 印刷する
管理栄養士コメント
レバーに豊富な鉄分とビタミンB12、葉酸、たんぱく質が同時に摂れ、鉄分補給だけでなく、赤血球とヘモグロビンを増やします。トマトから、鉄の吸収を促すビタミンCが摂れるので、更に効率よく鉄を摂取でき、貧血改善に働きます。

144Kcal

1人分換算
脂質 7.3g
糖質 5.5g
塩分(食塩相当量) 0.9g
コレステロール 233mg
ビタミンD 0.1μg
ビタミンB2 1.15mg

全ての栄養素を見る

燃焼レベル

キャッチボール 43分

キャッチボール

レシピの栄養価グラフ
  • たんぱく質
  • 食物繊維
  • カルシウム
  • 鉄
  • ビタミンA
  • ビタミンB1
  • ビタミンC

※数値については成人女性30~49歳の参考値にて算出
※1日3食、1食3~4品で均等割+αで算出

材料

4人分

  • 鶏レバー250g
  • 適量
  • しょうが(おろし)小さじ1
  • 玉ねぎ(おろし)大さじ2
  • マヨネーズ大さじ1
  • 片栗粉大さじ1
  • 少々
  • オリーブ油大さじ1
  • にんにく(おろし)小さじ1/2
  • (トマトソース)
  • ・ホールトマト1/2缶(200g)
  • ・オイスターソース大さじ1/2
  • ・しょうゆ小さじ1/2
  • ・砂糖小さじ1/2
  • ・塩少々
  • ・パセリ少々

作り方

  1. 1

    鶏レバーはひと口サイズに切り、揉むように水洗いして血の塊を洗い流します。ボウルにレバー、おろししょうがと、酒をひたひたになるまで加えて30分~1時間程度漬けこみ、血抜きをします。

  2. 2

    沸いたお湯にレバーを取り出して加え、再沸騰したら水にとり、水を流しながらきれいに洗います。

  3. 3

    お湯を中火で沸かし、レバーを入れてもう一度沸いてから、極弱火で7分煮て粗熱が取れてから取り出します。

  4. 4

    レバーを細かく刻み、ボウルに入れ、玉ねぎ、マヨネーズ、片栗粉、塩を加えてよく練り、8個の団子にします。

  5. 5

    フライパンにオリーブ油とにんにくを入れて熱し、香りが出たら強火で団子の表面だけに焦げ目が少しつくように転がしながら焼きます。やわらかく形が崩れやすいので、ハンバーグのように表裏焼くだけでもかまいません。きれいな丸にしたい場合は揚げるとよいでしょう。

  6. 6

    ホールトマトを手で崩しながら加え、残りの調味料も加えます。

  7. 7

    時々ゆすり混ぜながら3分ほど中火で煮込み、パセリを加えてさっと混ぜ合わせます。

ワンポイントアドバイス

鶏レバーの臭みを取り除くには下処理が肝心。丁寧に血を抜きましょう。マヨネーズを入れると独特のパサつく食感がなくなりしっとり仕上がり、臭みも更になくなるのでおすすめです。家族で作るなら大きい団子はチーズ入りでボリュームアップ、小さめの団子は中身なしにすると楽しいですよ。※日本介護食品協議会の「かたさ」や「粘度」による区分:容易に噛める

ページの先頭へ戻る

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。
会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

料理レシピや写真・画像のご利用について

料理コンテンツの提案をご検討中の代理店、印刷会社の方へ「レシピレンタル」