注目キーワード
豚肉
そうめん
美白
夏バテ
鶏むね肉
やわらか食
きゅうり
トマト
パプリカ
ピーマン

いわしつみれののっぺい風汁レシピ

124Kcal(1人分換算)

いわしつみれののっぺい風汁

  • 印刷する
管理栄養士コメント
鉄分と、造血に働くビタミンB12が多い鰯を使った料理には、高齢者にも役立つ効能が沢山あります。不足しやすいカルシウムが豊富で、更にその吸収を促進するビタミンDも多く、骨粗しょう症予防の効能があります。脂に豊富なDHAは、脳を活性化させてアルツハイマー認知症の予防にも効果的です。

124Kcal

1人分換算
脂質 4.3g
糖質 8.2g
塩分(食塩相当量) 1.8g
コレステロール 27mg
ビタミンD 12.8μg
ビタミンB2 0.22mg

全ての栄養素を見る

燃焼レベル

ガーデニング 49分

ガーデニング

レシピの栄養価グラフ
  • たんぱく質
  • 食物繊維
  • カルシウム
  • 鉄
  • ビタミンA
  • ビタミンB1
  • ビタミンC

※数値については成人女性30~49歳の参考値にて算出
※1日3食、1食3~4品で均等割+αで算出

材料

4人分

  • いわし6尾
  • 長いも(すりおろし)大さじ1
  • みそ大さじ2
  • しょうが汁小さじ1
  • 里いも3個
  • 大根80g
  • にんじん60g
  • 青ねぎ1本
  • だし汁(昆布)3カップ
  • 薄口しょうゆ小さじ1

作り方

  1. 1

    里いもは皮をむいてひと口サイズに切ります。大根、にんじんも皮をむいてひと口サイズに切ります。

  2. 2

    鍋に水を入れ、里いも、にんじん、大根を入れて中火でぐつぐつ20分、煮詰まったら水を足しながらやわらかくなるまで煮ます。

  3. 3

    いわしをさばいて頭、内臓、中骨、背びれ、尻尾を取り除き、皮をむき、細かく包丁で刻みます。開きを買ってきた場合は背びれと尻尾を取り除いて下さい。

  4. 4

    ボウルにいわし、長いも、みそ、しょうが汁を加えて粘りが出るまでよく練り、ひと口サイズに丸めながら(2)の鍋に入れていきます。

  5. 5

    青ねぎを細かく切って加え、更に10分、中火で煮ます。

  6. 6

    味見をして、薄口しょうゆで味を調えます。

ワンポイントアドバイス

「容易に噛める」やわらかさのレシピです。いわしはミキサーなどで完全にペーストにするよりも、刻んだ方が、ほろりと崩れやすく、だし汁にも味がよく出ます。※日本介護食品協議会の「かたさ」や「粘度」による区分:容易に噛める

ページの先頭へ戻る

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。
会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

料理レシピや写真・画像のご利用について

料理コンテンツの提案をご検討中の代理店、印刷会社の方へ「レシピレンタル」