注目キーワード
疲労
豚肉
月見
えだ豆
朝食
パプリカ
やわらか食
鶏むね肉
美白

餃子の皮で簡単にらまんじゅうレシピ

262Kcal(1人分換算)

餃子の皮で簡単にらまんじゅう

  • 印刷する
管理栄養士コメント
にらに豊富なアリシンとβカロテンは免疫強化の効能が高く、血流を促進して代謝を改善したり、皮膚や粘膜の健康維持に働きます。きのこに含まれる食物繊維であるβグルカンという成分にも、消化吸収されずにそのまま腸の免疫細胞に直接作用する、免疫力を高める効果があるため、相乗して免疫力を上げるのに役立つ、にらときのこの組み合わせ料理です。

262Kcal

1人分換算
脂質 12.6g
糖質 21g
塩分(食塩相当量) 0.7g
コレステロール 30mg
ビタミンD 1.1μg
ビタミンB2 0.21mg

全ての栄養素を見る

燃焼レベル

ネットサーフィン 180分

ネットサーフィン

レシピの栄養価グラフ
  • たんぱく質
  • 食物繊維
  • カルシウム
  • 鉄
  • ビタミンA
  • ビタミンB1
  • ビタミンC

※数値については成人女性30~49歳の参考値にて算出
※1日3食、1食3~4品で均等割+αで算出

材料

2人分

  • にら1束
  • 豚ひき肉80g
  • まいたけ40g
  • (A)
  • ・しょうが(おろし)10g
  • ・しょうゆ小さじ1/2
  • ・酒小さじ1/2
  • ・ごま油小さじ1/2
  • ・塩少々
  • 餃子の皮12枚
  • サラダ油小さじ2

作り方

  1. 1

    にらを1cmのざく切りに、まいたけはみじん切りにします。

  2. 2

    豚ひき肉と(A)をボウルに入れ、粘りが出るまでよく混ぜます。

  3. 3

    にら、まいたけをを加えて、しんなりするまでよくもみ混ぜ、冷蔵庫で10分程度寝かせます。

  4. 4

    あんを12等分して、餃子の皮で包みます。ラップに皮、あんの順番にのせ、キュッと巾着に絞ります。口が開いていても大丈夫です。

  5. 5

    温めたフライパンに、サラダ油(小さじ1)をひいてから(4)のまんじゅうを口を上にして並べ、まんじゅうの1/3の高さまで水を入れ、ふたをして中火で5分加熱します。

  6. 6

    ふたをあけて強火で加熱して、水分が無くなったらそっとフライ返しで裏返します。

  7. 7

    サラダ油(小さじ1)を加えて焼き目が付いたら出来上がりです。

ワンポイントアドバイス

にらをみじん切りにするのではなく、ざく切りにすることで歯触りが残り、美味しくいただけます。焼くときに、まんじゅうがくっつきやすいので、ひとつづつ、少し離して並べて下さい。やわらかくもちもちしているので、裏返しの時にも丁寧にさわるとよいでしょう。

ページの先頭へ戻る

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。
会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

料理レシピや写真・画像のご利用について

料理コンテンツの提案をご検討中の代理店、印刷会社の方へ「レシピレンタル」