注目キーワード
疲労
豚肉
月見
えだ豆
朝食
パプリカ
やわらか食
鶏むね肉
美白

しし唐となすのやわらか煮レシピ

164Kcal(1人分換算)

しし唐となすのやわらか煮

  • 印刷する
管理栄養士コメント
しし唐辛子に豊富なβ-カロテンには、粘膜や皮膚の健康維持、喉や肺など呼吸器系統を守る働きがあり、なすの皮に含まれる、抗酸化物質のナスニンを組み合わせることで、ストレスに対する体の酸化を抑え、免疫機能を改善する効果が高まります。

164Kcal

1人分換算
脂質 6.2g
糖質 17.5g
塩分(食塩相当量) 4.1g
コレステロール 3mg
ビタミンD 0.1μg
ビタミンB2 0.11mg

全ての栄養素を見る

燃焼レベル

腹筋 22分

腹筋

レシピの栄養価グラフ
  • たんぱく質
  • 食物繊維
  • カルシウム
  • 鉄
  • ビタミンA
  • ビタミンB1
  • ビタミンC

※数値については成人女性30~49歳の参考値にて算出
※1日3食、1食3~4品で均等割+αで算出

材料

2人分

  • しし唐辛子20本
  • なす1本
  • サラダ油大さじ1
  • だし汁(昆布とかつお)1・1/2カップ
  • しょうゆ大さじ3
  • みりん大さじ2・1/2
  • 砂糖小さじ2
  • 削り節1パック

作り方

  1. 1

    しし唐辛子の上下を切り落とし、竹串でぐるりと中のわたと種を取り除きます。

  2. 2

    なすは縦に皮をところどころ残してむき、噛みやすいように残った皮にも細かく切れ目を入れ、ひと口サイズに切ります。

  3. 3

    鍋にサラダ油を入れて中火で加熱し、しし唐辛子、なすの順番に加えて油がなじむまで炒めます。

  4. 4

    だし汁、しょうゆ、みりん、砂糖を加えてアルミホイルで落としぶたをし、10分ほどぐつぐつ煮ます。途中で煮汁が無くなるようなら水を足して下さい。

  5. 5

    最後に削り節を加えてサッと混ぜ合わせたら出来上がりです。そのままでも美味しいですが、冷蔵庫で冷やすと味がなじみ、また、さらにやわらかくなっておすすめです。

ワンポイントアドバイス

種を取ることで口当たりがなめらかになり、よく炊いたしし唐辛子がやわらかく美味しくなります。手間がかかるので、作業を省きたい方は、種つきのまま仕上げ、最後に片栗粉でとろみをつけるとよいでしょう。ボリュームがほしい方は、しし唐辛子にひき肉を詰め込んで一緒に炊いても美味しいですよ。 ※日本介護食品協議会の「かたさ」や「粘度」による区分:容易にかめる

ページの先頭へ戻る

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。
会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

料理レシピや写真・画像のご利用について

料理コンテンツの提案をご検討中の代理店、印刷会社の方へ「レシピレンタル」