注目キーワード
疲労
豚肉
月見
えだ豆
朝食
パプリカ
やわらか食
鶏むね肉
美白

たらのえだ豆クリームソースレシピ

233Kcal(1人分換算)

たらのえだ豆クリームソース

  • 印刷する
管理栄養士コメント
たらの良質なたんぱく質と鉄分を含むえだ豆を組み合わせることで、鉄の吸収をよくし、血液の材料となるたんぱく質を豊富に摂取できるので、貧血予防に役立ちます。血液循環が改善されることで疲れにくい体に導きます。

233Kcal

1人分換算
脂質 6.1g
糖質 10g
塩分(食塩相当量) 2.1g
コレステロール 58mg
ビタミンD 1μg
ビタミンB2 0.22mg

全ての栄養素を見る

燃焼レベル

サイクリング 62分

サイクリング

レシピの栄養価グラフ
  • たんぱく質
  • 食物繊維
  • カルシウム
  • 鉄
  • ビタミンA
  • ビタミンB1
  • ビタミンC

※数値については成人女性30~49歳の参考値にて算出
※1日3食、1食3~4品で均等割+αで算出

材料

2人分

  • えだ豆200g
  • 豆乳1カップ
  • 白みそ大さじ1・1/2
  • 薄口しょうゆ小さじ1
  • たら2切
  • 適量
  • 少々

作り方

  1. 1

    えだ豆を塩ゆでし、粗熱が取れたら豆を取り出します。

  2. 2

    たらの切り身に軽く塩をふって5分ほど置いてから、酒でサッと洗い、器にのせ、ふんわりラップをして電子レンジ(600W)で4分加熱します。

  3. 3

    えだ豆、白みそ、薄口しょうゆ、豆乳をミキサーに入れてなめらかになるまでよくすり潰し、(2)のたらにかけてできあがりです。

ワンポイントアドバイス

高齢者に提供する場合は、生だと骨が取りにくいので、たらを蒸してから取り除くとよいでしょう。蒸してから時間がたつとたらがかたくパサついてしまうので、蒸したできるだけすぐにソースをかけて、乾かない様にして召し上がって下さい。容易に噛めるやわらかさなので、高齢の方の介護食としてもおいしくいただけます。※日本介護食品協議会の「かたさ」や「粘度」による区分:容易にかめる

ページの先頭へ戻る

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。
会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

料理レシピや写真・画像のご利用について

料理コンテンツの提案をご検討中の代理店、印刷会社の方へ「レシピレンタル」