注目キーワード
ズッキーニ
ニラ
介護食
なす
やわらか食
キャベツ
免疫
玉ねぎ
弁当

ミキサー粥レシピ

168Kcal(1人分換算)

ミキサー粥

  • 印刷する
管理栄養士コメント
日頃、身体を動かしたり、物事を考えたりするときのエネルギー源になる炭水化物を摂取するためには、主食をしっかりとることが必要です。かまなくてよいミキサー粥は、人それぞれの嚥下能力によって、適切なかたさに調整が必要ですが、作り方は同じ。簡単ですが基本を押さえて作りましょう。

168Kcal

1人分換算
脂質 0.3g
糖質 36.8g
塩分(食塩相当量) 0g
コレステロール 0mg
ビタミンD 0μg
ビタミンB2 0.01mg

全ての栄養素を見る

燃焼レベル

散歩 63分

散歩

レシピの栄養価グラフ
  • たんぱく質
  • 食物繊維
  • カルシウム
  • 鉄
  • ビタミンA
  • ビタミンB1
  • ビタミンC

※数値については成人女性30~49歳の参考値にて算出
※1日3食、1食3~4品で均等割+αで算出

材料

2人分

  • ご飯軽くお茶碗2杯分(200g)
  • ぬるま湯1・1/2カップ

作り方

  1. 1

    炊いたご飯をミキサーに入れます。※ご飯を温めてから使うと、なめらかになりやすく、おすすめです。冷めたご飯や冷凍ご飯は電子レンジで温めてから使いましょう。

  2. 2

    ぬるま湯を加えて、なめらかになるまでミキサーにかけ、できあがりです。

  3. ※冷蔵保存なら当日には使い切ってください。冷凍保存する場合は、保存袋に入れて、平らにのばして1回分ごとに分けて冷凍するとよいでしょう。

ワンポイントアドバイス

かまずに食べられて、栄養がしっかりとれます。お米の味が濃厚で、ねばりがあります。飲み込みにくい方は、ぬるま湯でねばりを調整してください。しかし、食べ進むと唾液がスプーンから入ってシャバシャバになり、食べづらくなることも。その場合は、ゼラチンや市販のとろみ剤を加えることも考慮しましょう。また、さらに飲み込みやすく、やわらかいとろみのミキサー粥の配合は、ご飯の倍量のぬるま湯が目安です。(例)ご飯茶碗2杯分にぬるま湯を3カップ。※日本介護食品協議会の「かたさ」や「粘度」による区分:かまなくてよい

ページの先頭へ戻る

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。
会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

料理レシピや写真・画像のご利用について

料理コンテンツの提案をご検討中の代理店、印刷会社の方へ「レシピレンタル」