注目キーワード
むね肉
オクラ
介護食
なす
やわらか食
ピーマン
免疫
玉ねぎ
弁当

メンチカツの卵とじレシピ

371Kcal(1人分換算)

メンチカツの卵とじ

  • 印刷する
管理栄養士コメント
メンチカツをだし汁で煮るので、油っぽくなく、食べやすいです。またメンチカツは揚げ物のため摂取カロリーも高く、牛・豚・卵のたんぱく質がとれる歯茎で噛めるやわらかレシピです。

371Kcal

1人分換算
脂質 21.9g
糖質 18.1g
塩分(食塩相当量) 1.8g
コレステロール 277mg
ビタミンD 1.2μg
ビタミンB2 0.37mg

全ての栄養素を見る

燃焼レベル

ガーデニング 148分

ガーデニング

レシピの栄養価グラフ
  • たんぱく質
  • 食物繊維
  • カルシウム
  • 鉄
  • ビタミンA
  • ビタミンB1
  • ビタミンC

※数値については成人女性30~49歳の参考値にて算出
※1日3食、1食3~4品で均等割+αで算出

材料

4人分

  • (肉だね)
  • ・牛ひき肉125g
  • ・豚ひき肉50g
  • ・玉ねぎ1/2個
  • ・溶き卵1/2個分
  • ・パン粉13g
  • ・牛乳小さじ4
  • ・トマトケチャップ大さじ1/2
  • ・中濃ソース大さじ1/2
  • ・塩小さじ1/2
  • ・こしょう少々
  • ・ナツメグ少々
  • (衣)
  • ・小麦粉適量
  • ・卵適量
  • ・パン粉適量
  • 揚げ油適量
  • (卵とじ)
  • ・卵4個
  • ・だし汁(混合節と昆布)300ml
  • ・酒大さじ4
  • ・みりん大さじ2
  • ・しょうゆ小さじ2

作り方

  1. 1

    肉だねを作ります。玉ねぎをみじん切りにします。パン粉は牛乳に浸しておきます。

  2. 2

    ボウルに豚ひき肉にナツメグ、塩、こしょう、トマトケチャップ、ソースを入れ、ボウルを冷やしながらすりつぶすように、ねばりが出て糸が引くようになるまでよく混ぜます。 ※このねばりがつなぎになるのでしっかりと混ぜてください。

  3. 3

    牛ひき肉を加え、ほぐすように指先でふり混ぜるようにして混ぜます。混ざったら順に、(1)のパン粉、溶き卵、玉ねぎを加えて、それぞれ馴染むまで混ぜ合わせます。※ここで混ぜすぎて肉がつぶれると、できあがりがかたくなるので、注意してください。

  4. 4

    肉だねに衣を付けます。(3)を4個に分けて、小判形に整え、小麦粉、溶き卵、パン粉を順に付けます。

  5. 5

    160℃の揚げ油に入れて中火で返しながら揚げ、175℃程度に温度を上げていき、キツネ色になり、浮いてきたら取り出します。※揚げ時間は3~4分程度です。

  6. 6

    卵とじにします。鍋にだし汁、酒、みりん、しょうゆを入れてひと煮立ちさせ、(5)を入れ、だしをかけながらもうひと煮立ちさせます。

  7. 7

    中火で鍋が沸いている状態で溶いた卵を回し入れ、沸いてきたら火を止めてできあがりです。

ワンポイントアドバイス

メンチカツは練りすぎると、できあがりがかたくなるので、練りすぎないことがポイント。でもバラバラになってはいけないので、豚ひき肉だけをはじめにしっかり練り、それをつなぎにすると上手に仕上がります。卵とじにすると、高齢者にはパン粉がしっとりして食べやすくなります。ご家族で一緒に食事をする場合は、もちろんそのまま食べても美味しくおすすめです。メンチカツをこれ以上少なく作ることは難しいです。多い場合はパン粉をつける前の肉のあんの状態で、ひとつずつみっちりラップをして、冷凍するとよいでしょう。冷凍するなら倍の量作ってストックすることがおすすめです。 ※日本介護食品協議会の「かたさ」や「粘度」による区分:歯茎でつぶせる

ページの先頭へ戻る

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。
会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

料理レシピや写真・画像のご利用について

料理コンテンツの提案をご検討中の代理店、印刷会社の方へ「レシピレンタル」