注目キーワード
むね肉
オクラ
介護食
なす
やわらか食
ピーマン
免疫
玉ねぎ
弁当

やわらかおはぎレシピ

208Kcal(1人分換算)

やわらかおはぎ

  • 印刷する
管理栄養士コメント
もち米ではなく、やわらかく炊いたご飯で作るので、のどに詰まりにくく、高齢者むきの歯茎でつぶせるやわらかさです。丸めるだけなので、一緒に包んでも楽しいですよ。食事で糖質が十分取れない方へのおやつに最適です。

208Kcal

1人分換算
脂質 0.5g
糖質 42.6g
塩分(食塩相当量) 0.2g
コレステロール 0mg
ビタミンD 0μg
ビタミンB2 0.02mg

全ての栄養素を見る

燃焼レベル

ダンベル運動 20分

ダンベル運動

レシピの栄養価グラフ
  • たんぱく質
  • 食物繊維
  • カルシウム
  • 鉄
  • ビタミンA
  • ビタミンB1
  • ビタミンC

※数値については成人女性30~49歳の参考値にて算出
※1日3食、1食3~4品で均等割+αで算出

材料

6人分

  • 1合
  • 粒あん300g
  • 少々

作り方

  1. 1

    米1合を1.5合の炊飯器の目盛りまで水を入れて炊飯します。※やわらかご飯が約450gできあがります。

  2. 2

    炊きあがりのご飯に塩を加えて木ベラで混ぜながら半分程度粒を潰し、6等分してラップで丸めます。

  3. 3

    新しいラップに、粒あん(50g)を5~6cmの円状にのばし、(2)のご飯をのせてラップで包み、形を整えてできあがりです。

ワンポイントアドバイス

どっしりと大きめのおはぎが6個できます。食べきれない場合は12個に分けてもよいでしょう。たっぷりできますが、ひとつひとつラップに包んで冷凍保存し、食べる時に電子レンジで温め、粗熱が取れれば美味しく食べることができます。やわらかご飯ですが、家族皆で食べても楽しめる、やわらか過ぎないできあがりです。もち米を使うとのどに詰まりやすく危険ですが、粘りが出過ぎない様にご飯で作り、半分程度だけつぶしてあるので、高齢者も楽しめる一石二鳥のレシピです。彩りに、青のりや白すりごま、黒すりごまなどを少々トッピングするのもよいでしょう。 ※日本介護食品協議会の「かたさ」や「粘度」による区分:歯茎でつぶせる

ページの先頭へ戻る

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。
会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

料理レシピや写真・画像のご利用について

料理コンテンツの提案をご検討中の代理店、印刷会社の方へ「レシピレンタル」