注目キーワード
長ねぎ
ほうれん草
れんこん
大根
きのこ
白菜
さつまいも
里いも
鶏肉
ひき肉

チキン南蛮のタルタルソース添えレシピ

588Kcal(1人分換算)

チキン南蛮のタルタルソース添え

  • 携帯に送る
  • 印刷する
管理栄養士コメント
マヨネーズの油は、ビタミンA、D、E、Kなどの脂溶性ビタミンを吸収し、乳化されていることにより、さらに吸収がよくなります。鶏肉のビタミンをあますことなく吸収するのに適しています。

588Kcal

1人分換算
脂質 42.1g
糖質 16.8g
塩分(食塩相当量) 2.8g
コレステロール 279mg
ビタミンD 1.2μg
ビタミンB2 0.39mg

全ての栄養素を見る

燃焼レベル

腹筋 82分

腹筋

レシピの栄養価グラフ
  • たんぱく質
  • 食物繊維
  • カルシウム
  • 鉄
  • ビタミンA
  • ビタミンB1
  • ビタミンC

※数値については成人女性30~49歳の参考値にて算出
※1日3食、1食3~4品で均等割+αで算出

材料

2人分

作り方

  1. 1

    南蛮ソースを作ります。鍋に(A)を合わせてひと煮立ちさせます。バットに注ぎ、薄切りにした玉ねぎを入れます。※玉ねぎは繊維に沿って薄切りにすると、辛味が少なくなり食べやすくなります。酢は沸騰させすぎると風味が損なわれるので注意しましょう。

  2. 2

    鶏肉は厚みを均一に開き(火通りが均一になります)、ひと口大に切って塩、こしょうをします。小麦粉をまぶし、溶き卵をつけ、サラダ油を熱したフライパンでキツネ色になるまで揚げ焼きします(180℃)。

  3. 3

    揚げたての(2)の鶏肉を(1)の南蛮ソースに入れ、時々返しながらしばらくつけます。

  4. 4

    ゆで卵を作ります。鍋に卵とかぶるくらいの水を入れ、火にかけます。沸騰すれば中火にして約12分ゆでます。殻をむいたゆで卵とピクルスを各々刻み、(B)と合わせてタルタルソースを作ります。

  5. ※グリルでも簡単にゆで卵が作れます。水でぬらしたキッチンペーパーで卵を包み、さらにアルミホイルで包んで両面焼きグリルで焼きます(上下強火 約10分+保温 約10分)。

  6. 5

    器にサニーレタスを敷き、(3)の鶏肉と玉ねぎを盛り、(4)のタルタルソースをかけます。最後にくし形切りのトマトを添えます。

ワンポイントアドバイス

チキン南蛮は宮崎県延岡市発祥の人気の郷土料理で、ご当地料理、家庭料理として広まっています。(2)の工程のとき、温度キープ機能を使うと便利です。(4)の工程のとき、コンロ調理タイマーを使うと便利です。

大阪ガスクッキングスクール

ページの先頭へ戻る

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。
会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

料理レシピや写真・画像のご利用について