注目キーワード
りんご
いも
しめじ
かぼちゃ
ハロウィン
やわらか食
美肌
介護食

旬の秋なす焼き餃子レシピ

224Kcal(1人分換算)

旬の秋なす焼き餃子

  • 印刷する
管理栄養士コメント
なすは約95%が水分で、栄養分はほとんど含まれていません。皮の紫色のもとであるアントシアニン色素は、強い抗酸化作用があり、脂質の酸化を防ぎコレステロール値を低下させる働きがあります。また、なすは熱を冷まし、のぼせを改善する作用があります。

224Kcal

1人分換算
脂質 11.3g
糖質 18.8g
塩分(食塩相当量) 1.3g
コレステロール 19mg
ビタミンD 0.1μg
ビタミンB2 0.1mg

全ての栄養素を見る

燃焼レベル

睡眠 280分

睡眠

レシピの栄養価グラフ
  • たんぱく質
  • 食物繊維
  • カルシウム
  • 鉄
  • ビタミンA
  • ビタミンB1
  • ビタミンC

※数値については成人女性30~49歳の参考値にて算出
※1日3食、1食3~4品で均等割+αで算出

材料

4人分

  • なす2本
  • 豚ひき肉100g
  • (A)
  • ・紹興酒大さじ1/2
  • ・塩少々
  • ・しょうゆ小さじ1
  • ・しょうが汁小さじ2
  • ・甜麺醤(テンメンジャン)小さじ1/2
  • ・酢小さじ1/2
  • ・片栗粉小さじ1
  • ・ごま油小さじ1/2
  • 小さじ1/2
  • 青ねぎ1・1/2本
  • 餃子の皮20枚
  • サラダ油適量
  • ごま油適量

作り方

  1. 1

    なすは皮をしま模様にむき、1cm角に切ります。塩をまぶして5分置き、水気をしっかりと絞ります。

  2. 2

    豚ひき肉に(A)の片栗粉、ごま油以外を加えてよく混ぜ、ねばりが出たら(A)の残りの材料と(1)のなす、小口切りにした青ねぎを加えて混ぜます。

  3. 3

    餃子の皮で(2)を包みます。

  4. 4

    フライパンにサラダ油を熱し、(3)を並べて焼きます。焼き色が付けば、水(約1/2カップ)を注ぎ、ふたをして蒸し焼きにします。

  5. 5

    水気が無くなれば、ふたを開けてごま油を回し入れます。

  6. 6

    (5)のフライパンに皿をかぶせ、ひっくり返して餃子を取り出し、盛り付けます。

ワンポイントアドバイス

(4)の工程で、温度キープ機能を使うと便利です。(温度キープ機能 180℃)

大阪ガスクッキングスクール

ページの先頭へ戻る

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。
会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

料理レシピや写真・画像のご利用について

料理コンテンツの提案をご検討中の代理店、印刷会社の方へ「レシピレンタル」