注目キーワード
とうもろこし
なす
トマト
ピーマン
豚肉
カレー
そうめん
オクラ
ひんやり麺
めんつゆ

ほうれん草と焼きしいたけのお浸しレシピ

14Kcal(1人分換算)

ほうれん草と焼きしいたけのお浸し

  • 携帯に送る
  • 印刷する
管理栄養士コメント
ほうれん草にはビタミンAやC、また鉄などのミネラル類も豊富に含まれています。低カロリーの食卓づくりでは、このように低カロリーで栄養価の高いおかずをプラスして品数を増やすことがポイントです。

14Kcal

1人分換算
脂質 0.2g
糖質 0.7g
塩分(食塩相当量) 0.7g
コレステロール 0mg
ビタミンD 0μg
ビタミンB2 0.11mg

全ての栄養素を見る

燃焼レベル

ラジオ体操 3分

ラジオ体操

レシピの栄養価グラフ
  • たんぱく質
  • 食物繊維
  • カルシウム
  • 鉄
  • ビタミンA
  • ビタミンB1
  • ビタミンC

※数値については成人女性30~49歳の参考値にて算出
※1日3食、1食3~4品で均等割+αで算出

材料

4人分

  • ほうれん草1束(約200g)
  • 少々
  • 生しいたけ3枚
  • (だし割りしょうゆ)
  • ・だし汁大さじ4
  • ・しょうゆ大さじ1

作り方

  1. 1

    ほうれん草は根を切り落とし、4~5cmの長さに切ります。沸騰したたっぷりの湯に塩を加えてゆで、冷水に取り、水気を絞ります。

  2. 2

    しいたけは、石突きを落とし、フライパンで両面を焼きます。薄切りにし、だし割りしょうゆに浸します。

  3. 3

    ほうれん草を(2)のだし割りしょうゆの1/3量で和え、水気を絞ります。残りの(2)でもう一度和え、器に盛り付けます。

ワンポイントアドバイス

焼きしいたけのうまみと香りが加わったおいしい和え物。割りしょうゆにしいたけを先に浸すことで、しいたけのだしがしょうゆに加わり、おいしさが増します。ほうれん草を割りしょうゆで和えるときのポイントは、2回に分けること。1回目は、下味をつけるとともに、アクと余分な水分を除きます。このひと手間で和え物の味が変わります。

ページの先頭へ戻る

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。
会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

料理レシピや写真・画像のご利用について