注目キーワード
絹さや
アスパラガス
さやいんげん
豆乳
パンケーキ
フライパンひとつ
厚揚げ
鶏むね肉
しし唐辛子
じゃがいも

ゴーヤーのお浸しレシピ

23Kcal(1人分換算)

ゴーヤーのお浸し

  • 携帯に送る
  • 印刷する
管理栄養士コメント
ビタミンCとともに、カルシウムや鉄分も豊富なゴーヤー。食物繊維も豊富で、腸内環境を整え便秘解消にも役立ちます。特に女性にはお勧めの野菜です。旬の夏にたっぷりいただきましょう。

23Kcal

1人分換算
脂質 0.5g
糖質 2.2g
塩分(食塩相当量) 1.4g
コレステロール 1mg
ビタミンD 0μg
ビタミンB2 0.04mg

全ての栄養素を見る

燃焼レベル

ラジオ体操 6分

ラジオ体操

レシピの栄養価グラフ
  • たんぱく質
  • 食物繊維
  • カルシウム
  • 鉄
  • ビタミンA
  • ビタミンB1
  • ビタミンC

※数値については成人女性30~49歳の参考値にて算出
※1日3食、1食3~4品で均等割+αで算出

材料

2人分

  • ゴーヤー1/2本(100g)
  • ひとつまみ
  • (A)
  • ・しょうゆ小さじ1
  • ・みりん小さじ1
  • ・水大さじ1
  • 削り節1g
  • いりごま(白)小さじ1/2

作り方

  1. 1

    ゴーヤーは縦2等分に切り、スプーンで種とわたを除き、5mmの厚さに切り、塩をまぶし、水分が出るまで置いておきます。

  2. 2

    (A)と削り節の半量を電子レンジ(600W)に20~30秒かけて煮立たせ、ザルでこし、冷まします。

  3. 3

    熱湯でゴーヤーをサッとゆで、ザルに上げて冷まします。

  4. 4

    ゴーヤーに(A)、粗刻みにしたいりごまを加えて和え、器に盛り、残りの削り節をのせます。

ワンポイントアドバイス

シンプルでおいしい!ゴーヤーの一番お勧めな食べ方。ゴーヤーはゆで過ぎると、水っぽくなってしまうので、歯ごたえが残るようにゆでます。削り節のうま味が苦味をやわらげ、おいしさをアップさせるので、たっぷり添えていただきましょう。

ページの先頭へ戻る

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。
会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

料理レシピや写真・画像のご利用について