注目キーワード
りんご
いも
しめじ
かぼちゃ
ハロウィン
やわらか食
美肌
介護食

カロリーダウンクッキング

201404

ビタミンたっぷり春野菜レシピ

管理栄養士
小島 美和子(おしま みわこ)

春キャベツ、アスパラ、新じゃがなど、フレッシュな甘みや香りが楽しめる野菜がいっぱいの春。旬の魚介とあわせて、食材の彩も楽しめる季節です。春野菜でビタミンCをたっぷりとることで、紫外線対策にもつながります。

トマトの赤いドレッシングで食卓は春色!

トマトは横2等分に切ると種が取り出しやすいです。余分な酢水分を切って調味料と混ぜ合わせます。

じゃがいもとブロッコリー、トマトの組み合わせでビタミンCやビタミンAがたっぷりとれる美肌メニューです。ビタミンCはシミを防いで張りを保ち、ビタミンAはお肌に潤いを与えます。

他の春野菜サラダレシピも参考に☆
ほたてと春野菜のサラダ211kcal
春野菜と海の幸のサラダ181kcal

レシピと栄養価を見る

パリッと焼いた鮭の皮を食べてコラーゲン補給!

鮭は余分な薄力粉をたたき落としてから焼くと、きれいな焼き色がつきます。

生鮭は健康な肌を保つ上で欠かせない良質のタンパク質食品です。ビタミンCたっぷりの春野菜と一緒にとると、コラーゲンの材料となり、お肌のハリを保ちます。

他のサーモンソテーレシピも参考に☆
サーモンソテーのサラダ193kcal
サーモンソテーガレット添え302kcal
鮭のムニエル288kcal

レシピと栄養価を見る

カリカリっと香ばしいアーモンド、野菜のうま味をひき立てます!

一度に揚げる量は揚げ鍋の半分位にします。入れすぎると油の温度が下がり、カラッと揚げりません。

食材が揚げ油に触れる面が多いほど、食材が油を吸う量が多くなります。カロリーが気になる方はスティック状ではなくもう少し大きめにカットするとカロリーダウンできます。

他の春野菜の揚げものレシピも参考に☆
白魚と春野菜のかき揚げ252kcal
春野菜の春巻き132kcal

レシピと栄養価を見る

粒マスタードの酸味が野菜の甘みを引き立てます!

春キャベツは葉がやわらかく、熱湯をかけるだけでさっと火が通り食べやすくなります。粒マスタードがキャベツの甘さを引き立てます。

キャベツやじゃがいもに含まれるビタミンCは水溶性のため水に溶け出しやすいのが特徴ですが、じゃがいもは表面にあるでんぷん質が壁をつくるため溶け出しにくく効率よくとることができます。

他の春キャベツのレシピも参考に☆
春キャベツのピリ辛じゃこオイルがけ212kcal
春キャベツのキッシュ162kcal

レシピと栄養価を見る

旬の春キャベツとほたるいかのうま味たっぷりパスタ!

ソースの玉ねぎは、透き通るまで炒めましょう。冷たい牛乳を一気に加え、手早く混ぜると、ダマにならずになめらかなソースを作ることができます。

ほたるいかは春だけのとっておき!お肌やからだの細胞の代謝を助けるビタミンB群が豊富なので、キレイのカラダづくりにはおすすめの食材です。

他のほたるいかパスタのレシピも参考に☆
ほたるいかと菜の花のスパゲッティ321kcal
ほたるいかと菜の花のパスタ548kcal

レシピと栄養価を見る

ポテトサラダ風にしてもおいしい!長いもの新しい食べ方。

玉ねぎを少し加えることでポテトサラダらしさが出ます。マヨネーズが少なめがお勧めです。

じゃがいもよりカロリーが低いので、ダイエット向きのポテトサラダに仕上がります。カリウムなどのミネラル分もじゃがいもより豊富です。

他の長いもを使ったサラダレシピも参考に☆
おもしろ根菜サラダ145kcal

レシピと栄養価を見る

  • このコラムのTOPへ戻る
  • 特集・コラムのTOPへ戻る

ページの先頭へ戻る

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。
会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

料理レシピや写真・画像のご利用について

料理コンテンツの提案をご検討中の代理店、印刷会社の方へ「レシピレンタル」