注目キーワード
新じゃが
アスパラガス
絹さや
ひじき
豚こま
お弁当
さやいんげん
鶏ひき肉
新玉ねぎ
めんつゆ

カロリーダウンクッキング

201408

夏バテ予防に!カロリーダウン豚肉レシピ!

管理栄養士
小島 美和子(おしま みわこ)

夏バテ予防の必須アイテム豚肉にはビタミンBが多く含まれるので疲れている時に食べると効果的です。特にもも肉は脂肪分が少なく低カロリー。身体に肉体疲労の素として蓄積される乳酸を分解する、ビタミンB1が豊富に含まれています。

もも肉を使って、ヘルシー料理!

豚肉に調味料を混ぜたらすぐに焼くのが、肉をジューシーに焼き上げるポイントです。少量加えた片栗粉が脂身の少ない肉の食感をやわらかくします。

肉料理の定番を低脂肪の肉を使っておいしく仕上げました。豚肉に豊富なビタミンB1には疲労回復効果があります。付け合わせの玉ねぎの刺激成分アリシンには、ビタミンB1の働きを持続させる作用があります。肉体的な疲労を感じやすい方にもお勧めです。

他の豚もも肉レシピも参考に☆
豚肉ときのこのしょうが焼き225kcal
簡単豚肉の青じそ巻き205kcal

レシピと栄養価を見る

油を使わずないヘルシー&エコ料理!

電子レンジは余熱を利用して完全に火を通すと肉がパサつかずにおいしく出来上がります。野菜は他に青梗菜やきのこを使っても良いでしょう。

主菜と副菜がいっしょにとれるメニューです。あとは主食をプラスして、バランスの良い食卓に整えましょう。

他の豚肉の蒸し物レシピも参考に☆
お好み焼き風肉団子157kcal
黒豚の焼酎蒸し216kcal

レシピと栄養価を見る

にんにくとさわやかな青じそ風味の2種類が楽しめる!

パン粉に混ぜたにんにくと青じそが焦げないように、火加減は中火で焼き、最後に強火にして衣がサクッとなるように焼きます。カロリーが気になる方は、パン粉を刻むかたたくなどして細かくすると油の吸収量が減るのでカロリーを減らせます。

豚もも肉は脂肪分が少なく、低カロリーの良質たんぱく質食品です。また、身体に肉体疲労の素として蓄積される乳酸を分解する、ビタミンB1が豊富に含まれています。ビタミンB1は水溶性で、余分にとると排泄されてしまいますが、にんにくと一緒に食べると、辛味成分のアリシンがB1と結合しアリチアミンという物質に変り、体内に長くとどまり疲労回復効果を持続します。

他の豚肉の揚げ物レシピも参考に☆
豚肉の竜田揚げ風199kcal
揚げない春巻き213kcal

レシピと栄養価を見る

ピーマンの色も鮮やか!定番中華メニュー!

肉に油をまぶしておくと、炒めたときに肉と肉がくっつかないので、素早くほぐれ、炒めやすくなります。ひと手間ですが、他の肉の炒め物のワンポイントです。ピーマンを炒めるときに塩、ひとつまみを加えると色鮮やかに、そしてピーマンの甘みも引き出してくれます。薄切り肉を細切りするときは、繊維にそって切ると肉が丸まらずに千切りになります。繊維の方向の見方は、肉の端の脂身と平行に切ると繊維にそって切ることになります。

部位にもよりますが、豚肉は牛肉よりもカロリーが低く、栄養が豊富です。特にビタミンBが多く含まれるので疲れている時に食べると効果的。また、ピーマンをたっぷりと加えることで、このメニュー1品でビタミンCの1日の推奨量の1/3以上をとることができます。ピーマン以外にも野菜を加えると、ボリュームある主菜にもなります。歯ごたえのよいにんじんやたけのこなどがお勧めです。

他の豚肉とピーマンのレシピも参考に☆
カラフルパプリカとひき肉の明太子炒め149kcal
豚肉のペッパーチーズソテー186kcal

レシピと栄養価を見る

  • このコラムのTOPへ戻る
  • 特集・コラムのTOPへ戻る

  • 特集レシピ
  • 食コンディショニングおやつレシピ
  • 旬野菜のヘルシー食べ合わせレシピ
  • 日本酒にあう簡単おつまみレシピ
  • 食コンディショニングレシピ
  • 旬の京野菜レシピ
  • 女子力UPレシピ
  • 作り置きリメイクレシピ
  • カロリーダウンクッキング
  • 旬のお魚レシピ
  • 200kcal以下のかんたんダイエットスイーツ
  • 筋力・持久力・瞬発力UPの献立レシピ
  • 野菜ソムリエのベジフルレシピ
  • プロに教わる料理技(基本のお菓子)

  • 栄養素辞典
  • 和食の基本用語(材料・素材)
  • 和食の基本用語(道具・技法)
  • お菓子作りの基本用語
  • プロに教わる料理技 定番料理(和食)
レシピ開発・動画レシピ撮影のお問い合わせはこちら



ページの先頭へ戻る

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。
会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

料理レシピや写真・画像のご利用について