注目キーワード
とうもろこし
なす
トマト
ピーマン
豚肉
カレー
そうめん
オクラ
ひんやり麺
めんつゆ

カロリーダウンクッキング

201501

お正月太り解消!ダイエットレシピ

管理栄養士
小島 美和子(おしま みわこ)

年末年始、美味しいものをいただいた年明け、お正月太りが気になる方も多いのではないでしょうか。カロリー控えめの大根やきのこ、香りをきかせるゆずなどを組み合わせるのもお勧めです。カロリーの気になる豚バラ肉も、脂をカットして調理するなど、美味しくバランスよいダイエットを心がけましょう。

香りが高く味よいまいたけ!爽やかなゆずの香りもプラス!

大根おろしは水気を絞り過ぎないようにしましょう。まいたけ以外のきのこでもおいしくできます。

アルコールのおつまみで注意したいことは、なるべくたんぱく質食品を加えないこと。たんぱく質食品を加えることで、脂質やエネルギーを多くとってしまうことにもなりかねません。ゆずや大根など風味のあるものを組み合わせて、香りや旨みを楽めるようにするのも1つの方法です。

他のきのこの和え物レシピも参考に☆
きのこのすだちおろし和え18kcal

レシピと栄養価を見る

魚料理に劣らない!カルシウムが豊富にとれる一品!

桜えびを一緒に煮るので、旨みと風味がプラスされ、ご飯のおかずとしてもより一層おいしくなります。

乾物類にもカルシウムは豊富です。このメニューではその代表である、切り干し大根や切り昆布、桜えびを組み合わせ。さらに大豆製品の油揚げを使い、1人分あたりで161mgのカルシウムを摂取することができます。

他の切り干し大根のレシピも参考に☆
切り干し大根のカレー風味107kcal
切り干し大根と小松菜の梅肉和え113kcal
切り干し大根のピリ辛きんぴら114kcal

レシピと栄養価を見る

サッパリながら、ごまの風味でコクある一品!

ごまのコクもあり、サッパリとした和え衣がよく合います。野菜の水気をよく切って、水っぽくならないようにしましょう。

しめじは低カロリーで食物繊維を豊富に含んでいます。また、脂質代謝に欠かせないビタミンB2も豊富に含むので体脂肪が気になる方や、便秘気味の方にもお勧めです。

他のごま和えレシピも参考に☆
大根とかにかまぼこのごまマヨ和え57kcal
きゅうりとかにかまぼこの酢の物95kcal

レシピと栄養価を見る

挽肉あんが大根にからんで絶妙♪

大根は面取りをすると煮くずれにくくなり、見た目もきれいに仕上がります。

大根はとても低カロリーでビタミンCをたっぷり含む食品です。ビタミンCはたんぱく質食品と一緒にとると、お肌の張りを保つコラーゲンの材料となります。鶏肉との組み合わせがお勧めです。

他のそぼろ煮レシピも参考に☆
かぶのそぼろ煮156kcal
圧力鍋で山いものそぼろ煮195kcal

レシピと栄養価を見る

豚バラ肉の脂をカットしてヘルシー仕上げ!

1度冷やすことで、脂をしっかり取り除くので、サッパリとおいしく仕上がります。大根や玉ねぎやじゃがいも、里いもなどの根菜を加えても良いでしょう。

豚肉にはビタミンB1が全ての食品中(1食に食べる量)あたり、もっとも多く含まれています。ビタミンB1は、運動などで身体にたまった疲労物質の分解をスムーズにする働きがあり、肉体的な疲労の回復に役立ちます。たんぱく質には、体内で合成できない必須アミノ酸がバランスよく含まれているので、身体作りにも役立ちます。

他の角煮レシピも参考に☆
豚肉の角煮613kcal
豚の角煮(圧力鍋)645kcal

レシピと栄養価を見る

  • このコラムのTOPへ戻る
  • 特集・コラムのTOPへ戻る

  • 特集レシピ
  • 食コンディショニングおやつレシピ
  • 旬野菜のヘルシー食べ合わせレシピ
  • 日本酒にあう簡単おつまみレシピ
  • 食コンディショニングレシピ
  • 旬の京野菜レシピ
  • 女子力UPレシピ
  • 作り置きリメイクレシピ
  • カロリーダウンクッキング
  • 旬のお魚レシピ
  • 200kcal以下のかんたんダイエットスイーツ
  • 筋力・持久力・瞬発力UPの献立レシピ
  • 野菜ソムリエのベジフルレシピ
  • プロに教わる料理技(基本のお菓子)

  • 栄養素辞典
  • 和食の基本用語(材料・素材)
  • 和食の基本用語(道具・技法)
  • お菓子作りの基本用語
  • プロに教わる料理技 定番料理(和食)
レシピ開発・動画レシピ撮影のお問い合わせはこちら



ページの先頭へ戻る

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。
会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

料理レシピや写真・画像のご利用について