注目キーワード
新じゃが
かぶ
鶏ひき肉
いちご
れんこん
さやいんげん
鶏むね肉
新玉ねぎ
酒粕

食コンディショニングレシピ

201505

「夜たくさん食べるから、昼は軽めに」は逆効果?!

管理栄養士
小島 美和子(おしま みわこ)

「夜にたくさん食べるから、昼は軽めに済ますようにして、カロリーを調整しています。」これは体のことを気にしつつも、職業柄、夜に外食する機会が多い人からよく聞く言葉です。しかし、この方法は本当に正しいと言えるのでしょうか?実は大きな落とし穴があるのです。

リバウンド状態と同じこと!!

脂肪の少ないささ身に、さやいんげん、そら豆など豆類たっぷりのレシピがおすすめ♪

食コンディショニングについて
(外部サイトにリンク)

「夜しっかり食べるから、昼は軽めに済ます」という方法はダイエットにはNG。最大のNGポイントは昼と夜のエネルギーの配分です。1日トータルのエネルギー量だけは調整できても、「昼<夜」は脂肪を増やしやすいとり方だからです。 昼食を減らすと糖質がすぐ枯渇し、からだの大事なたんぱく質をコツコツ 消費していきます。そして夜、お腹が空いた状態で食事をとるので、血糖は一気に上昇し、効率よく体脂肪がつくられるのです。この時、失ったたんぱく質は戻りません。ダイエットの後のリバウンド状態と同じです。 なので、この生活を続けるとプチリバウンドを繰り返し、基礎代謝が落ちてどんどん太りやすいからだになっていくのです。 昼は普通に食べるのがいいですね。夜は控えめにするのが理想的ですが、食べ過ぎた日は、翌日の午前中に食べる量を控えるなどで調整する方がよいでしょう。

昼食におすすめの食材は、食物繊維もしっかりとれる、にらやアスパラ、グリーンピースや空豆、きぬさやなどの豆類。 肉は脂肪の少なめなモモやむね肉、魚は旬のあさりや鯛など、1食一皿をしっかりとりましょう。

また、カロリーよりも栄養素がしっかりとれるメニューを選びましょう。食品数の多いものや、彩りのよい皿がおすすめです。昼はいろいろな種類の栄養素をとり代謝が円滑に進められるようにしましょう。

以下に昼食におすすめのレシピを紹介します!

新じゃがのガーリックみそ風味

じゃがいもは火が通るまでは、中火でじっくり揚げ、最後は強火にし、香ばしく色づくように揚げると、油切れもよくなります。熱いうちにガーリックみそにからめると味がよくなじみます。

111Kcal

ビタミンCの1日の推奨量の約1/3を摂ることができます。じゃが芋に含まれるビタミンCは、野菜などに含まれているものに比べて熱に強い特徴があります。さらに皮付きで加熱しているのでビタミンCの損失が少なく効率よく摂ることができます。

レシピと栄養価を見る

あさりと野菜の具だくさんトマトスープパスタ

あさりはおいしいだしが出るので、殻つきを使ってください。砂抜き済みが手に入らない場合は、水300ccに塩小さじ1・1/2を溶かした塩水に3~4時間浸して砂抜きをします。

635Kcal

あさりは鉄分やビタミンB群など血行を助ける栄養素を多く含みます。特に女性の元気にはおすすめの食材です。

レシピと栄養価を見る

ビタミン野菜のチーズドライカレー 

最後にチーズが入るのでマイルドなカレーです。もう少しスパイシーにしたい場合は、クミンパウダーやコリアンダーパウダーをプラスしてみましょう。

705Kcal

肉も野菜もしっかりで栄養満点のカレーです。アスパラガスや赤パプリカなど緑黄色野菜は抗酸化ビタミンがたっぷりとれます。

レシピと栄養価を見る

関連レシピ

  • このコラムのTOPへ戻る
  • 特集・コラムのTOPへ戻る

  • 特集レシピ
  • 食コンディショニングおやつレシピ
  • 旬野菜のヘルシー食べ合わせレシピ
  • 日本酒にあう簡単おつまみレシピ
  • 食コンディショニングレシピ
  • 旬の京野菜レシピ
  • 女子力UPレシピ
  • 作り置きリメイクレシピ
  • カロリーダウンクッキング
  • 旬のお魚レシピ
  • 200kcal以下のかんたんダイエットスイーツ
  • 筋力・持久力・瞬発力UPの献立レシピ
  • 野菜ソムリエのベジフルレシピ
  • プロに教わる料理技(基本のお菓子)

  • 栄養素辞典
  • 和食の基本用語(材料・素材)
  • 和食の基本用語(道具・技法)
  • お菓子作りの基本用語
  • プロに教わる料理技 定番料理(和食)
レシピ開発・動画レシピ撮影のお問い合わせはこちら





酒匠女子の日本酒大酒き☆ボブとアンジー公式スピンオフfb

ページの先頭へ戻る

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。
会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

料理レシピや写真・画像のご利用について