注目キーワード
りんご
いも
しめじ
かぼちゃ
ハロウィン
やわらか食
美肌
介護食

食コンディショニングレシピ

201604

食事スケジューリングでストレス対策!

管理栄養士
小島 美和子(おしま みわこ)

新生活や季節の変わり目で、環境もからだも変化の多い4月。毎日の忙しさに紛れて、からだのリズムを崩さないよう食事スケジュールに気をつけましょう。

食事スケジューリング能力を磨こう!

緑黄色野菜たっぷり。チキンパルミジャーノ焼き

4月は変化の月ですね。新生活が始まって忙しくなったり、冬から春へ季節に合わせてからだが変わる時期です。この時期は忙しさに紛れてストレスを感じても気づきにくく、体調を崩しやすくなることがあります。新たな生活にからだを慣らしながらストレスに負けないからだをつくる食コンディショニングをしましょう。

毎日をはつらつと過ごすためには、まずは3食の食事をしっかり食べること。食事を抜かないことはもちろんですが、できるだけ、同じ時間に食事をとることも、重要です。ヒトのからだは食事によって入るスイッチがいくつもあり、それによってリズムを刻み、代謝をすすめます。スイッチを入れる食事の時間がバラバラだと、からだのリズムが崩れ、体調不良の要因に。

忙しい時こそ、1日のスケジュールに食事の時間を組み込み、20分でも集中し、食事を楽しむ時間をつくりましょう。この時間をつくるスケジューリング能力も身につけることがカギになります。

食事の中身は、主食メインでパパッと済ませず、肉や魚、卵や大豆製品のメイン主菜をしっかり食べてたんぱく質を補充すると、ストレスに負けないからだに!ストレスで消耗するビタミンCのとれる野菜や果物をプラスするのが理想的です。

抗ストレスホルモンの材料になるたんぱく質が取れる主菜+ビタミンたっぷり野菜のレシピをご紹介します。ストレスで消耗するビタミンCも豊富な野菜を使ったレシピです。

いかとえだ豆の冷製スパゲッティ

冷製のスパゲッティの場合は、普通よりやわらかくゆでます。

439Kcal

いかのタンパク質や、パスタの糖質の代謝をスムーズにするビタミンB群が豊富な枝豆を組み合わせてバランスよく。

レシピと栄養価を見る

せんぎりキャベツの挽肉あんかけ

キャベツはしっかり水けをきって味がうすまらないようにしましょう。

300Kcal

ストレスで消耗しやすいビタミンCの豊富なキャベツをたっぷり取れます。

レシピと栄養価を見る

関連レシピ

  • このコラムのTOPへ戻る
  • 特集・コラムのTOPへ戻る

ページの先頭へ戻る

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。
会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

料理レシピや写真・画像のご利用について

料理コンテンツの提案をご検討中の代理店、印刷会社の方へ「レシピレンタル」