注目キーワード
りんご
いも
しめじ
かぼちゃ
ハロウィン
やわらか食
美肌
介護食

食コンディショニングレシピ

201606

「野菜だけ」でからだがたるむ!?

管理栄養士
小島 美和子(おしま みわこ)

近頃、農園直送や産地や品種にこだわった野菜をよく見かけるようになりました。野菜しか食べない、なんてダイエットをしている人も多いかもしれません。でも、キレイに痩せるには少し見直しをしてみましょう。

「野菜だけダイエット」の落とし穴

スナップえんどうの甘さとプリプリえびが楽しめるデリ風惣菜です。

夏に向けて、「野菜だけダイエット」をしている人もいるのではないでしょうか。

もちろん、野菜はカロリーも低く、なんといってもビタミンやミネラルの宝庫!食物繊維もとれます。

でも、そんな人はちょっと見直しを。

確かに肉や魚は控えめの、野菜中心のメニューならカロリーを抑えることはできます。でも、野菜のビタミンやミネラルは、ご飯(穀類)やおかず(たんぱく質食品)と組み合わせるからこそ、からだにとって重要な働きを果たせるのです。ビタミンなどはたんぱく質や脂質、糖質といったエネルギー源となる栄養素の代謝を助けるものだからです。

野菜だけをとっていても、エネルギーが足りていない状態では、代謝が滞り、筋肉が減り、細胞の新陳代謝も落ちるので、たるんだ体やくすんだお肌になってしまう可能性が。

野菜たっぷりに、低脂肪高たんぱく質な肉や、魚介類を組み合わせることで、細身でもたるんでいない、引き締まったからだを手に入れましょう。

旬の野菜とたんぱく質食品が一緒にとれるバランスレシピを紹介します。

牛肉のオクラおろしがけ

オクラと大根おろしをたっぷり添えるので、さっぱりとおいしくいただけます。

434Kcal

牛肉には、貧血の予防に効果的なヘム鉄が豊富に含まれています。大根に含まれるアミラーゼは消化を助けてくれます。

レシピと栄養価を見る

関連レシピ

そら豆といかの甘酢炒め

そら豆は高温でさっと揚げます。低温で揚げると中身が出てきてしまうので注意しましょう。

333Kcal

そら豆にはアルコールのスムーズな分解に必要なビタミンB1が豊富に含まれています。

レシピと栄養価を見る

あじのヘルシー南蛮漬け

フライパンで焼いて作る手軽な南蛮漬けです。

225Kcal

揚げずに粉をまぶして焼くことで、魚の脂の減少を抑え、効率よく栄養を摂取できます。

レシピと栄養価を見る

  • このコラムのTOPへ戻る
  • 特集・コラムのTOPへ戻る

ページの先頭へ戻る

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。
会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

料理レシピや写真・画像のご利用について

料理コンテンツの提案をご検討中の代理店、印刷会社の方へ「レシピレンタル」