注目キーワード
りんご
いも
しめじ
かぼちゃ
ハロウィン
やわらか食
美肌
介護食

食コンディショニングレシピ

201804

春食材の苦みでデトックス

管理栄養士
小島 美和子(おしま みわこ)

春は始まりの季節。植物は芽吹きをむかえ、生まれ変わる時期です。季節の食べ物はその季節に合ったコンディションにからだを整えてくれます。新年度も始まり、急激な気温や天候の変化により、体調を崩しやすい時期でもあります。しっかりエネルギーを補給して、元気に過ごしたいですね。

食事も春へシフトチェンジ!からだの中からリフレッシュ

グリーンアスパラガスは、利尿作用があり女性の悩みに多い「むくみ」対策に役立ちます。

春の食材は、たけのこや菜の花、ふきのとうといった山菜など、独特の苦みやアク、香りのあるものが目立ちます。

この苦味や香りは抗酸化作用のあるポリフェノール類などによるものです。ポリフェノール類は、からだの細胞の老化や免疫機能を低下させる活性酸素の発生やその働きを抑制したり、活性酸素そのものを取り除いたりする働きがあります。

こうした春の食材を食べることで、からだにたまりがちな老廃物の排出を助け、新陳代謝を促し、春の季節に合ったからだへと変えてくれると言われてます。

初夏にかけては海藻や、グリンピース・えんどうなどの豆類、アスパラガスなどが旬を迎えます。エネルギー源となる糖質をしっかりチャージすることができ、しかも食物繊維がたっぷりなので、エネルギーが脂肪に変わりにくいのがポイント。

洋服やメイクなどと一緒に、食べ物にも春を積極的に取り入れて、からだの中から季節に合ったコンディションに変えていきましょう。

春の苦みや香りでからだの中からリフレッシュできるレシピを紹介します。

豚肉とたけのこの木の芽ステーキ

たけのこや木の芽に含まれる苦味成分には、デトックス作用があります。冬の間、体内に溜まった老廃物を体外に排出する働きがあるので、春先にたっぷりとりたい食材です。

367Kcal

木の芽の香りで春ならではの焼き物。冷めても美味しいのでお弁当にも。

レシピと栄養価を見る

基本の若竹煮

たけのこやわかめには、食物繊維が豊富。腸内で余分な老廃物を絡め取って、体外に排出するデトックス作用の他、腸を刺激する働きもあるので、便秘にもお勧め。

59Kcal

あっさりだし風味で素材の味を楽しみます。

レシピと栄養価を見る

  • このコラムのTOPへ戻る
  • 特集・コラムのTOPへ戻る

ページの先頭へ戻る

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。
会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

料理レシピや写真・画像のご利用について

料理コンテンツの提案をご検討中の代理店、印刷会社の方へ「レシピレンタル」