注目キーワード
りんご
いも
しめじ
かぼちゃ
ハロウィン
やわらか食
美肌
介護食

食コンディショニング 50歳からのからだメンテナンスレシピ

週に2日のストレス解消DAY

管理栄養士
小島 美和子(おしま みわこ)

ちょっとストレスがたまってきたら、からだの時計をリズミカルに刻む、週2日のストレス解消DAYをつくるのがおすすめ。まず起床時間を決め、起きたら朝日と新鮮な空気を浴び、朝食にごはんとおかずをしっかり食べましょう。食後は大きく肩回しとスクワットを10回で代謝をぐっとアップ。昼食の後はその場足踏みを50回。夕食は早めに済ませ、寝る前にゆっくり湯船につかります。メリハリあるよいリズムを刻むと、数日間体調を整えやすくなりますよ。

あったか発酵食で1日をスタート

納豆汁

130Kcal

朝食は、ご飯を一膳とお味噌汁でOK。炭水化物とたんぱく質を組み合わせてとることがポイント。納豆と豆腐が入った味噌汁はたんぱく質が豊富。朝からからだがポカポカ。1日のスタートが軽やかになります。

レシピと栄養価を見る

他のレシピも参考に☆
高野豆腐とわかめのみそ汁

鉄分&ビタミンC補給

赤身肉は心を穏やかにする体内物質の材料であるアミノ酸や鉄が豊富。同時にたっぷりの野菜をとることで消費されやすいビタミンCも補給でき、日中元気に過ごせます。

レシピと栄養価を見る

他のレシピも参考に☆
牛肉とたけのこのサラダ

腸内環境を整えるおやつ

ヨーグルトに含まれる乳酸菌は腸内環境を整えてくれます。するとストレスへの対応力を高めることが期待できます。おやつは単純糖質を控えたものにするのが、穏やかに過ごすコツです。

レシピと栄養価を見る

他のレシピも参考に☆
水切りヨーグルトのきな粉がけ

血糖値の上昇を緩やかに

夕食で食物繊維豊富な海藻を一緒にとると、血糖値の上昇を緩やかにできます。低脂肪、高たんぱく質の魚料理で、就床中に、からだの筋肉や骨の合成に役立ち、翌朝スッキリ起きることができます。

レシピと栄養価を見る

他のレシピも参考に☆
かつおの和風サラダ

  • このコラムのTOPへ戻る
  • 特集・コラムのTOPへ戻る

ページの先頭へ戻る

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。
会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

料理レシピや写真・画像のご利用について

料理コンテンツの提案をご検討中の代理店、印刷会社の方へ「レシピレンタル」