注目キーワード
むね肉
オクラ
介護食
なす
やわらか食
ピーマン
免疫
玉ねぎ
弁当

食コンディショニング 50歳からのからだメンテナンスレシピ

体重コントロールについてのQ&A(女性のからだにまつわるQ&A)

管理栄養士
小島 美和子(おしま みわこ)

【Q】年齢を重ねるにつれて、体重が増えやすかったり、逆に減ってしまったりするのはなぜですか?
【A】理由は大きく2つあるといわれています。1つは加齢による筋肉量の減少。もう1つは女性ホルモンの減少によるものです。筋肉量が減少すると、からだの水分も減り体重が減少します。反対に体重が増える場合は、脂肪量の増加です。筋肉量が減ると基礎代謝が低下し、消費エネルギー量が減って太りやすく、また、女性ホルモンに守られていた様々な代謝機能も低下し、脂肪がからだにたまりやすくなります。からだの変化に合わせ、食生活を調整していくことが大切です。

高たんぱく質食材をとって、筋肉に刺激を

筋肉の材料になる高たんぱく質食材をとって、筋肉に刺激を与えることをセットで行うと、どんな年齢でも筋肉量の増加が期待でき、代謝アップに効果的です。

レシピと栄養価を見る

肉類を食べるときは脂質控えめがベスト

脂身の付いた肉とついていない肉とではカロリーが倍近く異なります。体重増加を防ぐため、余分なカロリーをとらないように、肉の部位を脂質控えめに変えていくのがおすすめです。

レシピと栄養価を見る

おやつもからだに合わせて選び方を変える

おやつも選び方を変えれば、体重コントロールに役立ちます。豆乳を使ったおやつは、脂肪量を控えやすく低カロリー。また、たんぱく質も摂れるのがポイントです。からだに余分な脂肪はつけず、筋肉を維持しながら良好な体重コントロールに役立ちます。

レシピと栄養価を見る

  • このコラムのTOPへ戻る
  • 特集・コラムのTOPへ戻る

ページの先頭へ戻る

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。
会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

料理レシピや写真・画像のご利用について

料理コンテンツの提案をご検討中の代理店、印刷会社の方へ「レシピレンタル」