注目キーワード
マロン
里いも
さんま
えだ豆
きのこ
豆腐
さつまいも
かぼちゃ
むね肉
れんこん

食コンディショニングおやつレシピ

おやつで暑さ対策☆夏スイーツで水分・ミネラル補給!

管理栄養士
小島 美和子(おしま みわこ)

おやつも賢く利用すれば、暑さ対策に役立ちます。暑い時期は、からだの水分だけでなく、ビタミンやミネラルも消耗が大きくなります。ビタミンやミネラルを補給できる果物を使ったスイーツや、水分たっぷりのゼリーやドリンクなどがおすすめです。おやつでとった栄養素が、脂肪に代わりにくく、効率よくからだにとりいれられるよう、体内時計の働きに合わせて食べましょう。

10:00のおやつ

午前中のおやつは、昼食までのエネルギーチャージの役割を果たします。とはいえ、ゆっくりティータイムの時間を取るのは難しいですね。時短おやつタイムには飲み応えのあるラッシーを。たんぱく質と糖質がしっかり取れるので代謝を上げる助けにもなり、朝食を軽く済ませた時にもおすすめです。

レシピと栄養価を見る

他のラッシーレシピも参考に☆
パプリカとパイナップルのラッシー 108kcal

12:00のおやつ

冷たいものでリフレッシュしたい夏のお昼時。午後のもうひとがんばりに向けて、ランチは絶好のリフレッシュタイム!ミントの清涼感とグレープフルーツのさわやかな酸味がピッタリです。シャーベットなら水分補給も兼ねることができます。

レシピと栄養価を見る

他のシャーベットレシピも参考に☆
ダブルミルクフラッペ・マンゴー添え 172kcal

15:00のおやつ

1日の中で最もおやつを楽しめる時間帯。代謝もよく、エネルギーが余分な脂肪になりにくいのです。見た目も中身もたっぷりのごほうびおやつを楽しみましょう。この季節なら汗で失う水分やミネラルもとれる果物たっぷりのフルーツパフェがおすすめです。

レシピと栄養価を見る

他のパフェレシピも参考に☆
トロピカルパフェ 193kcal

18:00のおやつ

1日が暮れていく時間には、ほっとできる甘さのおやつを。夕方以降は血糖値が上がりやすく、脂質が代謝されにくい時間帯に入ります。寒天を使ったおやつなら血糖値の急上昇を抑える食物繊維がとれます。またバターやクリームなどの脂質オフがいいですね。

レシピと栄養価を見る

他の豆乳レシピも参考に☆
はちみつ豆乳プリン 114kcal

  • このコラムのTOPへ戻る
  • 特集・コラムのTOPへ戻る

  • 特集レシピ
  • 食コンディショニングおやつレシピ
  • 旬野菜のヘルシー食べ合わせレシピ
  • 日本酒にあう簡単おつまみレシピ
  • 食コンディショニングレシピ
  • 旬の京野菜レシピ
  • 女子力UPレシピ
  • 作り置きリメイクレシピ
  • カロリーダウンクッキング
  • 旬のお魚レシピ
  • 200kcal以下のかんたんダイエットスイーツ
  • 筋力・持久力・瞬発力UPの献立レシピ
  • 野菜ソムリエのベジフルレシピ
  • プロに教わる料理技(基本のお菓子)

  • 栄養素辞典
  • 和食の基本用語(材料・素材)
  • 和食の基本用語(道具・技法)
  • お菓子作りの基本用語
  • プロに教わる料理技 定番料理(和食)
レシピ開発・動画レシピ開発のお問い合わせはこちら





酒匠女子の日本酒大酒き☆ボブとアンジー公式スピンオフfb

ページの先頭へ戻る

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。
会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

料理レシピや写真・画像のご利用について