注目キーワード
りんご
白菜
れんこん
大根
きのこ
白菜
さつまいも
里いも
むね肉
ひき肉

食コンディショニングおやつレシピ

おやつでカラダ活動力アップ☆

管理栄養士
小島 美和子(おしま みわこ)

過ごしやすくからだを動かすのに気持ちがいい季節です。お休みの日に軽い運動やスポーツを楽しむなら、たんぱく質を補給できるおやつをプラスしてみませんか。乳製品や豆乳などにも含まれるたんぱく質は、皮膚や髪など、全身の素となる栄養素。イキイキしたコンディションを保つのにとても大切です。しっかりとって、からだを気持ちよく動かすことで、美容と健康をキープしましょう。

10:00のおやつ

朝からしっかり活動するとちょっとお腹が空く頃合いの10時。我慢せずにこの時間に食べることで昼食時の早食いや食べ過ぎ、急激な血糖上昇を抑えることにもなります。 スキムミルクを使ったおやつはたんぱく質やカルシウム補給にも。

レシピと栄養価を見る

他のスキムミルクを使ったレシピも参考に☆
おからクッキー 61kcal

12:00のおやつ

たんぱく質のとれるおやつ素材と言えばヨーグルト。このおやつならちょっとボリュームがあるので温野菜サラダと一緒にランチにも。

レシピと栄養価を見る

他のヨーグルトレシピも参考に☆
豆乳ティラミス 292kcal

15:00のおやつ

チョコとバナナの黄金の組合わせ。ちょっと重たいおやつもこの時間帯ならしっかりエネルギーとして消費できます。バナナやレーズンはたんぱく質が多めの果物。カリウムや鉄分も期待できるので、運動後の栄養補給にもおすすめです。

レシピと栄養価を見る

他のバナナレシピも参考に☆
リコッタチーズのパンケーキ 484kcal

18:00のおやつ

旬を味わう栗や小豆の優しい甘さのほっこりおやつ。甘栗や小豆は食物繊維がとれるので、夕方の時間帯でもおすすめです。空腹時間を長くするより、この時間帯におやつを食べて、遅い時間の食事を少し控えるのも太りにくいコツですよ。

レシピと栄養価を見る

他の栗レシピも参考に☆
栗の渋皮煮(圧力鍋で簡単) 62kcal

  • このコラムのTOPへ戻る
  • 特集・コラムのTOPへ戻る

ページの先頭へ戻る

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。
会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

料理レシピや写真・画像のご利用について