注目キーワード
豆腐
基本
ひじき
グラタン
さわら
長いも
じゃがいも
菜の花
れんこん
むね肉

カロリーダウンクッキング

201307

あゆレシピと美味しいあゆの見分け方

「あゆ(鮎)」について

栄養
あゆはカルシウムを豊富に含んでおり骨がやわらかいので、骨ごと食べられる調理や、小さな鮎を骨ごと食べることをお勧めします。内臓にはカルシウムの吸収を高めるビタミンDや、ビタミンA、ビタミンB群が豊富なため、内臓も一緒に食べるのがよいとされています。特に多く含まれるビタミンB12は悪性貧血に効果的です。身にはDHA、EPA、ビタミンE、リン、亜鉛が含まれており、骨軟化症、高血圧症状、ストレス、味覚障害などの予防と改善に効果があります。
主な産地
清流と呼ばれるような河川のあゆはどこの地域でもあゆは特産になっています。例えば、四万十川や長良川、 狩野川、球磨川等です。琵琶湖は幼魚の産地で有名です。養殖は広島や岐阜、高知等が知られています。
あゆの旬は6月から10月。体が大きくなり成熟し始めた頃の「成熟あゆ」から、産卵前の「子持ちあゆ」、産卵後の「落ちあゆ」と、様々に楽しめます。成魚の頃は川で過ごし川で秋に産卵します。冬に孵化(ふか)するとすぐに川を下り仔稚魚期には海で過ごし又春になると川を上ります。この頃は既にすいかやきゅうりのような香りがしますので、川は上るあゆの匂いが漂ってきます。産卵期を迎える秋に産卵後、その生涯を閉じます。一年で死んでしまうので「年魚」とも呼ばれ、産卵後のあゆは栄養も抜けてしまいやせるので「落ちあゆ」「さびあゆ」と呼ばれ ます。

◆養殖のあゆ
養殖もののあゆは体が青っぽい色をしており、えさをたくさん摂取しているため、含有される脂肪分も多くなっています。うろこが日に焼けて少し黒ずんでおり、天然と比べると香りも少し薄いのが特徴です。しかし、現在の養殖は進んでおり、えさは藻を使用した天然に近い飼料を使用しているため、天然ものに近い状態で流通しています。
◆天然のあゆ
体は黄色みを帯びており、ひれが大きくあごが角ばって大きいのが特徴です。渓流で泳ぐため、ひれが大きくなっており、特に背びれは胴体の幅よりも長く尾びれも大きくなっています。一般に、天然もののあゆの方が身肉に含有される遊離アミノ酸やアンセリン、ペプチドといった成分が多く、養殖ものよりも美味とされています。天然もののあゆは藻などをえさにしているため、スイカに似た香りが特に強く、また、川によって香りや顔つきも異なるため、毎年各地で「利き鮎大会」なるものが開催され、鮎愛好家の楽しみにもなっています。
スーパーで選ぶ際のポイント
全体的に黄褐色を帯びているもの、腹部に張りがありかたいもの、ぬめりがしっかり付いていてつやがあるもの、が鮮度がよいものです。頭の付け根、肩に当たる部分が盛り上がっているものはよく太っていて、肉質もよくなっています。
美味しく味わうための下処理や調理法、保存法
鮮度が落ちやすく、悪くなるとおなかが割れてしまいます。あゆはしっかり冷やしておくとで、ある程度劣化を防ぐことができるので、購入後に持ち帰る場合でも、氷をしっかり入れて冷えたまま持ち帰ること、冷蔵庫で保存するよりかはチルド室で保冷することが大切です。それでも1日2日で食べてください。下処理としてはぬめりを取ってから調理します。このぬめりは、取ってから保存しておくと又出てきます。調理の直前に洗ってタオルでふくようにしてとりましょう。うろこが付いていますので、丸焼き以外はうろこを取ることをお勧めします。

「あゆ(鮎)」を使ったレシピ

なすには体を冷やす作用があり、のぼせ症や暑さに弱い人はにはぜひおすすめです。あゆの高血圧症予防の効果に加えて、なすの「コリン」という成分にも血圧を下げたり、胃液の分泌を促したり、肝臓の働きをよくするなどの働きがあります。また、血管を強くするので毛細血管からの出血防止の効果もあり、 旬の夏に食べることでより高い効果が得られます。

レシピと栄養価を見る

あゆを骨ごとと食べる料理なので、カルシウムが豊富にとれ、その吸収を高めるビタミンDも含まれるので骨粗しょう症予防に効果があります。ごまにはDHAやEPAと同様に働く抗酸化物質が豊富なため、疲労回復効果があり、夏バテの方などにもお勧めです。

レシピと栄養価を見る

あゆ田楽

142Kcal

あゆは良質なたんぱく質を多く含み、低脂肪。カルシウムの吸収を高めるビタミンDや貧血予防に欠かせないビタミンB12、骨の生成に不可欠なカルシウムなどを多く含んでいます。疲労回復の効果もあるため、夏バテをしやすいこの時期にぜひ食べていただきたい栄養バランスの良い、健康効果の高い魚です。

レシピと栄養価を見る

きゅうりの成分、イソクエルシトリンには利尿作用があり、冷房の効きすぎによる体調不調やだるさ、むくみといった症状に最適です。さらに豊富なカリウムは塩分の排出を促進し、むくみを取ります。ビタミンCも多く、疲労回復にも役立つので、二日酔いや夏場の食欲不振などにも効果的です。きゅうりは体を冷やしますが、一緒に加えるかぼちゃには血行を促進するビタミンEが豊富で体を温め冷えすぎを予防できます。

レシピと栄養価を見る

  • このコラムのTOPへ戻る
  • 特集・コラムのTOPへ戻る

  • 特集レシピ
  • 旬野菜のヘルシー食べ合わせレシピ
  • 日本酒にあう簡単おつまみレシピ
  • 食コンディショニングレシピ
  • 旬の京野菜レシピ
  • 女子力UPレシピ
  • 作り置きリメイクレシピ
  • カロリーダウンクッキング
  • 旬のお魚レシピ
  • 200kcal以下のかんたんダイエットスイーツ
  • 筋力・持久力・瞬発力UPの献立レシピ
  • 野菜ソムリエのベジフルレシピ
  • プロに教わる料理技(基本のお菓子)

  • 栄養素辞典
  • 和食の基本用語(材料・素材)
  • 和食の基本用語(道具・技法)
  • お菓子作りの基本用語
  • プロに教わる料理技 定番料理(和食)
レシピ開発・動画レシピ開発のお問い合わせはこちら





酒匠女子の日本酒大酒き☆ボブとアンジー公式スピンオフfb

ページの先頭へ戻る

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。
会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

料理レシピや写真・画像のご利用について