注目キーワード
りんご
いも
しめじ
かぼちゃ
ハロウィン
やわらか食
美肌
介護食

女子が大好きほくほく系☆いも・栗・かぼちゃの簡単レシピ♪

管理栄養士
村山幸子(むらやまさちこ)

さつまいも、栗、かぼちゃ、そのどれもは食べ過ぎなければ太ることはありません。一日に食べる適量は100g程度。糖質の代謝に関わるビタミンB1を多く含む赤身の豚肉やきのこ類と一緒に食べ合わせるようにしましょう。また、いも、栗、かぼちゃには食物繊維も豊富に含まれ、腸を刺激して便秘の予防・改善に役立ちます。オリゴ糖と一緒に摂ることで善玉菌も増えより腸内環境が整い便通が良くなります。 さつまいも、栗は熱に強いビタミンCが、かぼちゃには、ビタミンA、Eが豊富。便秘解消とともに、ダイエット中のお肌の荒れを防いでくれる栄養素です。

さつまいもで簡単おかず

豚肉とさつまいもを一緒に食べると老化防止に♪さつまいもに多く含まれるビタミンEは、老化現象の原因になると考えられている過酸化脂質が体内に発生するのを抑制する働きがあり、細胞の老化を遅らせみずみずしい肌をいつまでも保たせてくれるといわれています。お腹スッキリ☆さつまいもレシピもチェック!

もっとさつまいもレシピを見る

さつまいもの簡単スイーツ

りんごの10倍以上も含まれるさつまいものビタミンC。コラーゲン生成を助ける機能や、免疫を強化し風邪を予防する働きも! お腹スッキリ☆さつまいもレシピもチェック!

もっとさつまいも お菓子レシピを見る

旬の味!栗レシピ

栗ごはんは、エネルギー源となる糖質に栗のビタミンB1の働きをあわせた疲労回復メニュー。 栗ごはん、栗スイーツ♪秋のほくほく栗レシピもチェック!

もっとレシピを見る

栗で秋スイーツレシピ

栗に含まれるビタミンB1はチアミンと呼ばれる酵素で、糖質やアミノ酸の代謝に関わっています。ナトリウムを排出する働きがあり、高血圧予防にも効果的。 栗ごはん、栗スイーツ♪秋のほくほく栗レシピもチェック!

もっと栗 お菓子レシピを見る

かぼちゃのほっくりレシピ

かぼちゃは油と一緒に摂ることで、ビタミンAの吸収率がよくなります。栄養価の高い野菜ですが、たんぱく質と脂質が不足しているので、肉や牛乳、チーズなどと一緒に食べるとバランスがよくなります。ハロウィンかぼちゃレシピもチェック!

もっとかぼちゃレシピを見る

簡単!かぼちゃのおやつ

ビタミンE、β-カロテンが豊富なかぼちゃ。β-カロテンは、ビタミンEと協調し、細胞の老化を防いでくれます。また、皮膚・粘膜・目の網膜を健康に保つ作用のほか、風邪予防につながる免疫力を強化し細菌やウイルスから身体を守る働きも!ハロウィンかぼちゃレシピもチェック!

もっとかぼちゃ お菓子レシピを見る

ページの先頭へ戻る

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。
会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

料理レシピや写真・画像のご利用について

料理コンテンツの提案をご検討中の代理店、印刷会社の方へ「レシピレンタル」