注目キーワード
大根
鍋物
鶏もも肉
白菜
長ねぎ
里いも
納豆
クリスマス
基本
れんこん

さっぱり簡単♪梅レシピ、しそレシピ

じめじめシーズンもさっぱり食べやすい、梅としその簡単レシピ。疲労回復にもぴったり!

青梅としそで自家製ドリンク

梅の特徴である酸味の成分は、クエン酸、リンゴ酸、コハク酸、酒石酸、ピクリン酸です。
最も多く含まれるクエン酸は、体内でのエネルギー代謝を活発にし、疲労物質の分解を促進するので、疲労回復に役立ちます。
その他、カリウム、カルシウム、リン、鉄などのミネラル類や、カロテン、ビタミンB1、B2、C、Eなどのビタミン類も含まれています。

梅ジュース

梅ジュース

170Kcal

疲労回復に効果的な梅。炭酸水には血行を促進し、便秘解消・ストレスを解消、疲労回復効果が期待できるので、リフレッシュにピッタリのドリンクです。

レシピと栄養価を見る

梅シロップ

梅シロップ

181Kcal

梅の酸味成分クエン酸は胃腸の働きを活発にし、食欲をアップさせてくれます。疲労回復・老化防止・健胃・整腸作用・二日酔いにも効果が期待できます。

レシピと栄養価を見る

赤じそジュース

赤しそには、ビタミンA、カリウム、カルシウム、鉄分が豊富に含まれています。また、最近注目されているポリフェノールの一種のロズマリン酸には、アレルギー抑制効果があるとされています。

レシピと栄養価を見る

梅干しで簡単レシピ

梅干しに含まれるクエン酸には、栄養素からエネルギーを作り出すという重要な働きがあります。疲れやだるさを感じたときにクエン酸をとると、代謝が促進され、疲労の回復がスムーズになります。
汗をかくと、塩分やミネラルも一緒に体外に排出されますが、梅干しには、塩分、ミネラルはもちろん、クエン酸も豊富なので、熱中症対策にも有効です。
クエン酸は豚肉との相性が良く、一緒に食べることで疲労回復効果がアップします。

もっと梅干しレシピを見る

しそで簡単レシピ

しその栄養成分では、体内でビタミンAに変わるβ-カロテンが野菜の中でもトップクラス。β-カロテンには、活性酸素の生成を防ぐ抗酸化作用があるので、魚のフライや天ぷらに、青じそを巻いてから揚げると、臭みもとれ、ビタミンAの吸収率も高まります。
また、しそには鉄分も多い上、鉄の吸収を助けるビタミンCも多く含むことから、貧血予防に有効な食材です。
香の成分ぺリアルデヒドは、防腐・殺菌作用の他、神経のイライラを抑えるなど精神安定にも力を発揮します。ビタミンCを多く含む野菜と一緒に食べると相乗効果が期待できます。
青じその抗菌作用は細かく切るほど高まります。青じその香り成分ペリルアルデヒドと梅干しのクエン酸が、胃腸の働きを高め、食欲を増進し、夏バテ防止にも効果的です。

もっとしそレシピを見る



  • 特集レシピ
  • 旬野菜のヘルシー食べ合わせレシピ
  • 日本酒にあう簡単おつまみレシピ
  • 食コンディショニングレシピ
  • 旬の京野菜レシピ
  • 女子力UPレシピ
  • 作り置きリメイクレシピ
  • カロリーダウンクッキング
  • 旬のお魚レシピ
  • 200kcal以下のかんたんダイエットスイーツ
  • 筋力・持久力・瞬発力UPの献立レシピ
  • 野菜ソムリエのベジフルレシピ
  • プロに教わる料理技(基本のお菓子)

  • 栄養素辞典
  • 和食の基本用語(材料・素材)
  • 和食の基本用語(道具・技法)
  • お菓子作りの基本用語
  • プロに教わる料理技 定番料理(和食)
レシピ開発・動画レシピ開発のお問い合わせはこちら





酒匠女子の日本酒大酒き☆ボブとアンジー公式スピンオフfb

ページの先頭へ戻る

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。
会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

料理レシピや写真・画像のご利用について