注目キーワード
クリスマス
さつまいも
介護食
白菜
やわらか食
おつまみ
鍋物
春菊

塩、レモン、スイカとビタミンB1たっぷりのレシピで熱中症予防!

レモンの熱中症予防レシピ

塩レモン

7Kcal

レシピと栄養価を見る

ビタミンC、クエン酸が豊富なレモン。皮にはリモネンという精神をリラックスさせる成分が含まれています。塩味と酸味の組み合わせには食欲増進効果も。

レモンに含まれるクエン酸は、梅干しや柑橘類に多く含まれる酸味主成分。疲労の原因となる乳酸の発生を抑え、疲労回復に優れた効果を発揮します。またパロチン(若返りのビタミンと呼ばれている)の代謝を活発にするため、老化防止効果も期待できます。 腸を整え、血行をよくする働きもあり、健康の維持、増進にも効果的です。

良質のたんぱく質、ビタミンB1がたっぷりの豚肉に、玉ねぎのアリシンをあわせてビタミンB1の吸収アップ!夏バテや疲労回復に効果が期待できます。塩レモンのまろやかな酸味で食欲もアップ。

豆腐には、消化の良い良質のたんぱく質、ビタミンB1、カルシウムが豊富。レモンに含まれるクエン酸はカルシウムの吸収を助ける働きがあります。

すいかの熱中症予防レシピ

すいかには、抗酸化作用があるリコピンやシトルリンというアミノ酸、β-カロテン、ビタミンCなどが含まれています。さらにすいかに含まれる糖分は、果糖とブドウ糖でエネルギーに素早く変わるため、夏バテで疲れた身体へのエネルギー補給にはぴったりです。少量の塩をかけて食べると、塩分も同時に摂取でき、水分、塩分、ミネラルを一緒に効率よく摂ることができるのです。

もっとしょうがレシピを見る

塩の熱中症予防レシピ

汗をかくとき、水分だけでなく塩分(ナトリウム)などの電解質も同時に失われています。そのため、水分だけとっても電解質が補給されないと脱水症になります。塩分濃度0.1~0.2%程度の水分摂取がすすめられています。塩分と少しの糖分を一緒にとると水分の吸収が速くなり、スポーツ飲料などがそれにあたります。その他、塩+体を冷やしてくれるフルーツもお勧めです。フルーツに含まれる酵素やビタミン、食物繊維なども一緒に摂れるので美容効果も期待できます。

もっとレシピを見る

ビタミンB1の熱中症予防レシピ

ビタミンB1の摂取は糖質の代謝を促進するので、疲労回復や夏バテ解消に効果的です。ビタミンB1が不足すると食欲不振を招きます。ビタミンB1は、胚芽米、玄米、小麦、大豆、緑黄色野菜、豚肉、牛肉、うなぎなどに豊富に含まれています。 ねぎと一緒に摂ると、ビタミンB1の吸収を高める作用があります。

もっとビタミンB1レシピを見る

管理栄養士
村山幸子(むらやまさちこ)

夏は体温調節のために皮下脂肪が薄くなり発汗が盛んになります。エネルギーの消費に伴い、糖質や脂質を燃焼させるために、ビタミンB1やB2等も大量に消費されます。汗と一緒に、ナトリウム、マグネシウム、カリウムなどのミネラルも体外に排出されてしまいます。夏はこれらの失われがちな栄養素を補給して、失われた水分と塩分を十分補給することが大切です。さらに、疲労回復に働くビタミンB1やクエン酸を積極的に摂り、熱中症になりにくい体質を作りましょう。

ページの先頭へ戻る

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。
会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

料理レシピや写真・画像のご利用について

料理コンテンツの提案をご検討中の代理店、印刷会社の方へ「レシピレンタル」