注目キーワード
りんご
いも
しめじ
かぼちゃ
ハロウィン
やわらか食
美肌
介護食

栄養素事典

グルコサミン

働き
グルコサミンが体内で順調に生成されていると多少の軟骨のすり減りは改善され、痛みにつながりませんが、激しいスポーツをする人や中高年になると軟骨の再生が うまく行われなくなり関節痛などを引き起こすことがあります。これがグルコサミンの摂取により症状の改善予防に役立つことが報告されています。 これはグルコサミンが軟骨の成分であるコンドロイチン硫酸を増やす働きがあり、擦り減った軟骨成分を再生するからだと考えられています。
特徴
グルコサミンは糖とアミノ酸が結合したアミノ糖の一種で、カニやエビなどの甲殻類の甲羅のキチン質に含まれる成分です。人の体の中では、軟骨・腱・人体などに 存在し、若いうちは体内で生成されますが、年齢を重ねるとともに生成能力が落ちることに加え、加齢や酷使することによる関節の軟骨のすり減りで不足しがちに なります。グルコサミンの不足が関節痛などの原因の一つになると考えられています。
不足すると
摂りすぎると
食品に含まれるグルコサミンの量は少なく、特に偏った食生活をしない限り過剰摂取の心配はありません。サプリメントの利用について、生成能力が十分に備わった 若い人が長期にわたって摂取すると自然の軟骨生成能力が衰えるという報告がありますので注意しましょう。妊娠中・授乳中の人の安全性については確認されていません ので、安易な使用は避けましょう。また甲殻類を原料としているものが多いので、甲殻類にアレルギーのある人は注意が必要です。
主な食材は
グルコサミンはキチン質に多く含まれているので、カニ・エビ・桜エビ・沖アミなどの甲殻類の殻に多く含まれています。イカの軟骨。鶏の皮や軟骨。 シメジ・マイタケ・ナメコ・シイタケ・マツタケなどのきのこ類。チーズなどにも含まれています。
上手な摂取方法
甲殻類の殻はあまり食べるところではありませんが、小さめのエビやカニは空揚げなどにすると甲羅も一緒に食べることができます。脱皮したばかりの ソフトシェルクラブや小さな沢ガニなどは殻付きでも食べやすい食材です。グルコサミンはコンドロイチン硫酸に働きかけて、すり減った軟骨を再生する 働きが期待されますので、ナメコなど両方の成分を持つ食品は積極的に摂ると関節の痛みの改善につながると考えられます。
  • このコラムのTOPへ戻る
  • 特集・コラムのTOPへ戻る

ページの先頭へ戻る

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。
会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

料理レシピや写真・画像のご利用について

料理コンテンツの提案をご検討中の代理店、印刷会社の方へ「レシピレンタル」