注目キーワード
りんご
いも
しめじ
かぼちゃ
ハロウィン
やわらか食
美肌
介護食

作り置きリメイクレシピ

201402

基本の切り干し大根の煮物とリメイクレシピ

管理栄養士
小島 美和子(おしま みわこ)

大根は干すことで、うま味が増すほか、カルシウムや鉄分などの栄養素もアップします。生のときよりも、たくさんの量が食べやすいので、食物繊維もたっぷりとれます。

基本の切り干し大根の煮物

大根は干すことで、うま味が増すほか、カルシウムや鉄分などの栄養素もアップします。生のときよりも、たくさんの量が食べやすいので、食物繊維もたっぷりとれます。

冷凍保存もできるので、多めに作っておくと便利です。1食分ずつラップに包んで冷凍し、使う分だけ解凍するのがおすすめです。

材料
切り干し大根 45g(戻して180g)
油揚げ 1枚(20g)
にんじん 4cm(35g)
だし汁 350ml
酒 小さじ2
砂糖 大さじ1・2/3
しょうゆ 小さじ1・1/2
塩 小さじ1/3

作り方
(1)切り干し大根は15分ほど水に浸して戻し、水気を絞ります。数ヶ所に包丁を入れ、食べやすい長さに切ります。
(2)油揚げは熱湯をかけて油抜きをして短冊切り、にんじんは千切りにします。
(3)鍋に切り干し大根、油揚げ、にんじん、だし汁を入れ、落としぶたをして火にかけ、約10分煮ます。
(4)(3)に酒、砂糖を加えて5分煮、しょうゆ、塩を加え、煮汁が無くなるまで煮ます。

切り干し大根と卵の袋煮

卵や油揚げの良質たんぱく質に加えて、切り干し大根から鉄分やカルシウムも一緒に摂れる、バランス花丸のおかずです。

171Kcal

煮る時は、卵がかたまるまでは、立てておきましょう。(白身が流れ出てきてしまいます。)できるだけ直径の小さい鍋で煮ましょう。

レシピと栄養価を見る

切り干し大根の混ぜご飯

切り干し大根をごはんに混ぜることで食味や噛みごたえがアップ。食物繊維やカルシウムもたっぷりとれて一石二鳥です。

377Kcal

塩昆布の塩分が、後から出てくるので、加える塩は少なめにしましょう。

レシピと栄養価を見る

切り干し大根入り卵焼き

切り干し大根はカルシウムや鉄分、食物繊維が豊富です。卵焼きに入れることで、良質なたんぱく質も一緒にとれ、栄養バランス満点のおかずになります。

150Kcal

卵液を流し入れる時に、具が偏らないように気をつけましょう。

レシピと栄養価を見る

  • このコラムのTOPへ戻る
  • 特集・コラムのTOPへ戻る

ページの先頭へ戻る

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。
会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

料理レシピや写真・画像のご利用について

料理コンテンツの提案をご検討中の代理店、印刷会社の方へ「レシピレンタル」