注目キーワード
りんご
いも
しめじ
かぼちゃ
ハロウィン
やわらか食
美肌
介護食

作り置きリメイクレシピ

201403

基本の豚肉のそぼろとリメイクレシピ

管理栄養士
小島 美和子(おしま みわこ)

ビタミンB1が豊富な豚肉のそぼろはご飯の主な栄養素である糖質をエネルギーにかえるのに必要な栄養素です。エネルギーが必要な朝食や昼食時にはご飯とあわせて、食後の活動量が少ない夕食には野菜や豆腐と一緒に調理するとよいでしょう。

基本の豚肉のそぼろ

豚肉はご飯の主な栄養素である糖質をエネルギーにかえるのに必要なビタミンB1が豊富!豚そぼろとご飯の組み合わせは最強です!

冷蔵保存は保存容器に入れ、3~4日。冷凍保存をする場合は、1回分ずつラップに包み、3~4週間が目安です。

材料
豚ひき肉 300g
サラダ油 小さじ1
しょうが汁 小さじ1
しょうゆ 大さじ1l
砂糖 小さじ2
酒 小さじ2

作り方
(1)鍋にサラダ油を熱し、豚肉を炒め、色が変わったら調味料を加え、汁けが無くなるまで炒り煮します。
(2)冷めたら、使いやすい分量ずつラップで包み、冷凍保存します。

厚揚げと小松菜のそぼろ炒め

カルシウムや鉄分豊富な小松菜と厚揚げに、ビタミンB群たっぷりのそぼろの組み合わせは、特に女性にお勧め。

177Kcal

そぼろのうまみにピリッと辛みが効いて、ご飯がすすむ味。小松菜の葉はかさがあって炒めにくいですが、フライパンを揺すりながら大きく混ぜ、しんなりしてきたら厚揚げを加えるようにしましょう。

レシピと栄養価を見る

カレーピラフ

ご飯の糖質を、そぼろの豚肉に豊富なビタミンB1が、エネルギーにかえます。エネルギーが高いので昼食や、育ち盛りの子どもにもお勧めです。

530Kcal

カレー粉は混ざりにくいので、ご飯を加える前に入れておくと、混ざりやすいです。カレー粉が均等に混ざるまで中火でよく炒めましょう。

レシピと栄養価を見る

里芋のそぼろ煮

そぼろにたっぷりのビタミンB群と、滋養強壮に役立つ里いもの粘り成分ムチンで、身体に優しい煮物です。里いものぬめりは水溶性食物繊維によるもので、便秘改善にも効果が期待できます。

136Kcal

冷凍里いもで簡単!朝、作っても間に合うスピード煮物です。冷凍里いもは、火の通りが早いので買い置きしておくと便利な食品です。

レシピと栄養価を見る

  • このコラムのTOPへ戻る
  • 特集・コラムのTOPへ戻る

ページの先頭へ戻る

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。
会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

料理レシピや写真・画像のご利用について

料理コンテンツの提案をご検討中の代理店、印刷会社の方へ「レシピレンタル」