注目キーワード
りんご
いも
しめじ
かぼちゃ
ハロウィン
やわらか食
美肌
介護食

作り置きリメイクレシピ

201405

基本のマッシュポテトとリメイクレシピ

管理栄養士
小島 美和子(おしま みわこ)

じゃがいもはビタミンCの豊富な野菜です。生では冷凍保存に向かない野菜ですが、マッシュポテトなど火を通して調理すると保存が可能です。いろいろなアレンジ料理に使いましょう。

基本のマッシュポテト

じゃがいもはビタミンCの豊富な野菜です。口当たりよく食べられるので小さなお子様にもお勧めです。

じゃがいもは、解凍した時に完全に加熱しないと舌触りが悪くなるので、しっかり温めてからいろいろな料理にアレンジしましょう。冷蔵保存した場合も同様です。保存期間は3週間位です。

材料(8人分 約400g)
じゃがいも 3個(400g)
牛乳 大さじ2・1/2
バター 10g
塩 小さじ1/2
こしょう 少々

作り方
(1)じゃがいもは4つ割りにし、竹串がすーっと入る位にやわらかくゆでます。湯を捨て、再び火にかけ、水分をとばします。
(2)火からおろし、マッシャーでつぶし、バター、塩、こしょうを混ぜ、牛乳を混ぜます。
(3)使いやすい分量に分け、ラップで包み、冷凍保存します。使う時は、電子レンジで完全に熱くなるまで加熱してから使います。

鮭コロッケ

缶詰の鮭の骨はやわらかいので、ほぐして入れればカルシウムが手軽に摂取でき、子どものお弁当のおかずなどにお勧めです。

292Kcal

中骨ごと使えて簡単!鮭缶のおいしい食べ方です。皮や中骨は、一ヶ所にかたまらないように、身といっしょにほぐしておきましょう。

レシピと栄養価を見る

関連レシピ

マッシュポテト入りスペイン風オムレツ

卵にじゃがいもやパプリカなどの野菜たっぷりで、良質のたんぱく質やビタミンがとれ、栄養バランス満点の一品です。

186Kcal

玉ねぎ、パプリカ、ピーマンは甘味が出るように弱火でよく炒めるようにしましょう。オムレツを返す時は、1度平らな皿などに取り出し、フライパンをかぶせて返すと、失敗がありません。

レシピと栄養価を見る

コーンポテトグラタン

子どもの大好きなコーンやチーズ、ハムの入ったポテトグラタンは、成長に必要なたんぱく質とともに、たんぱく質や脂質を代謝するビタミンB群もとれます。

102Kcal

マッシュポテトと合わせる具材は、ソーセージを小さく切ったものやツナなどでもおいしくおいしく作ることができます。ミニグラタンで、おかずのボリュームアップ!

レシピと栄養価を見る

  • このコラムのTOPへ戻る
  • 特集・コラムのTOPへ戻る

ページの先頭へ戻る

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。
会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

料理レシピや写真・画像のご利用について

料理コンテンツの提案をご検討中の代理店、印刷会社の方へ「レシピレンタル」