注目キーワード
りんご
いも
しめじ
かぼちゃ
ハロウィン
やわらか食
美肌
介護食

作り置きリメイクレシピ

201409

基本のミートボールとリメイクレシピ

管理栄養士
小島 美和子(おしま みわこ)

牛・豚肉は、良質なたんぱく質をバランスよく含み、消化・吸収されたあと再合成され、筋肉・血液・皮膚・内臓・髪など細胞の主成分や酵素、ホルモンなどに深く関わっている大切なエネルギー源です。

基本のミートボール

牛・豚肉は、良質なたんぱく質をバランスよく含み、消化・吸収されたあと再合成され、筋肉・血液・皮膚・内臓・髪など細胞の主成分や酵素、ホルモンなどに深く関わっている大切なエネルギー源です。

肉だねを丸める時は、手に油をつくけておくと、手に肉がつかず、きれいに形作ることができます。保存期間は、冷蔵庫で3~4日、冷凍庫で3~4週間です。

材料(6人分/約30個)
合びき肉(600g)
塩 小さじ2/3
こしょう 少々
ナツメグ 少々
卵 1個
生パン粉 45g
牛乳 100ml
サラダ油 大さじ1l

作り方
(1)合びき肉に塩を加えてよく練り、こしょう、ナツメグ、卵を混ぜます。牛乳で湿らせた生パン粉も加え、全体を良く混ぜ、30等分にし、丸めます。
(2)フライパンにサラダ油を熱し、(1)をころがしながら表面に焼き、弱火で約5分かけて火を通します。
(3)冷めたら1回分ずつに分け、ジッパーバックや保存容器に平らになるように入れて保存します。

ミートボールの甘酢あん

ピーマンには、加熱しても壊れにくいのが特徴のビタミンCが豊富に含まれていて、活性酸素抑制や美肌効果が期待できます。

337Kcal

食べやすい甘酸っぱさがおいしい、ミートボールの甘酢あんは、お弁当にもうれしいおかずです。 ミートボールは、電子レンジでしっかり加熱しておきましょう。

レシピと栄養価を見る

ミートボールスパゲティ

スパゲティに多く含まれているビタミンB群は、炭水化物を体内で素早くエネルギーに変え、代謝を促進させる働きがあります。スポーツ選手が試合の前にパスタを食べると言われていますが、これはパスタが優良なエネルギー源で、食べても動くことですぐに燃焼され、脂肪になりにくい性質があるからです。

664Kcal

トマトソースを前もって作っておくと、調理がスピードアップ。生のマッシュルームが手に入らない場合は、缶詰でも代用できます。

レシピと栄養価を見る

ミートボールのデミグラスソース

エリンギはカリウムを豊富に含むきのこです。カリウムは塩分を体外に排泄してくれる役割があり、高血圧の予防が期待できます。塩分は水分を引き寄せるので、カリウムを摂ることでむくみの解消にもつながります。

305Kcal

ミートボールレシピがランクアップ☆簡単デミグラスソース煮!

レシピと栄養価を見る

  • このコラムのTOPへ戻る
  • 特集・コラムのTOPへ戻る

ページの先頭へ戻る

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。
会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

料理レシピや写真・画像のご利用について

料理コンテンツの提案をご検討中の代理店、印刷会社の方へ「レシピレンタル」