注目キーワード
りんご
いも
しめじ
かぼちゃ
ハロウィン
やわらか食
美肌
介護食

作り置きリメイクレシピ

201410

基本のきんぴらごぼうとリメイクレシピ

管理栄養士
小島 美和子(おしま みわこ)

ごぼうは、野菜の中でもトップクラスの豊富な食物繊維を含んでいます。食物繊維はお腹の調子を整え、ニキビなどの肌荒れ解消に効果を期待できます。

基本のきんぴらごぼう

ごぼうは、野菜の中でもトップクラスの豊富な食物繊維を含んでいます。食物繊維はお腹の調子を整え、ニキビなどの肌荒れ解消に効果を期待できます。

常備菜として日持ちするので、まとめて作っておくといろいろ使えて便利です。保存期間は、冷蔵庫で4~5日、冷凍庫で3~4週間です。冷凍する場合は、使う分ずつラップなどでしっかり包みましょう。

材料(6人分/(約230g))
ごぼう1本(200g)
にんじん 1/3本(40g)
ごま油 小さじ2
赤唐辛子(輪切り) 小さじ1/3
(A)しょうゆ 大さじ1強 / 酒 大さじ1/2 / 砂糖 小さじ2 / みりん小さじ2 / だし汁 大さじ3
サラダ油 大さじ1l

(1)ごぼうは4~5cm長さの千切りにし、水にさらし、水気を切ります。にんじんは、4~5cm長さの千切りします。
(2)鍋にごま油を熱し、ごぼうをよく炒め、油がまわったらにんじん、赤唐辛子を加えてサッと炒めます。
(3)(A)の調味料を加え、3~4分ふたをして煮ます。ふたをはずし、混ぜながら、煮汁がなくなるまで煮ます。

きんぴらごぼうチャーハン

にんじんはβ-カロチンが豊富で、体内に入ったβ-カロテンは必要に応じてビタミンAに変換され、肌のうるおいを保ち、乾燥肌を予防・改善する効果が期待できます。

562Kcal

きんぴらだけだと茶色っぽいチャーハンになってしまうので、いり卵を最後に加えて彩りをよくします。

レシピと栄養価を見る

きんぴらごぼうロールカツ

豚肉に豊富に含まれているビタミンB1は、ご飯やパンに含まれる糖質の分解を助け、エネルギーに変えるという過程で、重要な働きをします。お米が主食の日本人には、大切な栄養素です。

361Kcal

きんぴらごぼうを豚肉で巻くときは、きつめに巻くと切り口がきれいになります。加熱されると豚肉は縮んで隙間ができやすいので、しっかり密着させるように巻きます。

レシピと栄養価を見る

牛肉とごぼう炒め煮

牛肉は、エネルギー源の代謝を助けるビタミンB群、貧血解消に効果的な鉄分、味覚障害を予防する亜鉛を含んでいます。

306Kcal

常備菜として作っておくと、おかずがちょっと足りない時に便利です。ご飯がすすむ味付けです。

レシピと栄養価を見る

  • このコラムのTOPへ戻る
  • 特集・コラムのTOPへ戻る

ページの先頭へ戻る

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。
会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

料理レシピや写真・画像のご利用について

料理コンテンツの提案をご検討中の代理店、印刷会社の方へ「レシピレンタル」