注目キーワード
りんご
しめじ
唐揚げ
照り焼き
ささ身
パーティ
さつまいも
むね肉

野菜ソムリエのベジフルレシピ

にんじん

にんじんについて

カロテンを多く含む緑黄色野菜の代表格。カロテンはにんじんの英語名「キャロット」に由来しています。かつては「嫌いな野菜」の常連だったにんじんも品種改良が進んで独特のにおいが薄れ、甘くて食べやすいものに変わって来ています。にんじんには東洋種、西洋種の2種類があり、以前は煮物向きの東洋種が主流でした。しかし、食生活の変化に伴い甘みが豊富な西洋種が主になってきました。西洋種は五寸にんじん(一般に購入しているにんじん)、ミニキャロット(サラダ用)、普通のにんじんの2倍以上の糖度とカロテンを持つ千浜にんじんや、ジュース専用に作られた甘いにんじんなどがあります。東洋種は関西ではおなじみの金時にんじんです。(写真中央の赤色のにんじん)にんじんといえばオレンジ色のイメージが強いですが、金時にんじんの赤色のほか紫や、黄色(写真左は沖縄の島にんじん)、白いにんじんもあります。

にんじんの栄養

にんじんは大量のカロテンを含んでいて、カロテンはカラダの中でビタミンAの働きに変わります。ビタミンAは皮膚や粘膜を健康に保ち免疫力を高め風邪の予防に効果があるといわれています。また、肌荒れやシワを防ぐ効果もあるといわれており、常に摂りたい野菜のひとつです。皮に近い部分に多く含まれているので、皮付きのまま使用するか、皮をむく場合はなるべく薄くむくよう心がけましょう。油と一緒に摂ると吸収率がアップするので炒め物、揚げ物などで効果的に摂るのがおすすめです。カロテンはオレンジ色のにんじんが一番多く、他の色のものはそれぞれ違う成分を持っています。葉付きで購入するのは難しいですが、手に入れば、葉も食べることができます。葉にはビタミンやミネラルが豊富です。炒め物や天ぷらにして捨てずに食べましょう。

秋から冬にかけて生育に適した温度で育った味がよく、栄養価の高いにんじんが出回ります。産地のリレーをしながらで年中出回っています。

美味しいにんじんの見分け方

色つやがよく、軸の切り口が小さいものを選びましょう。切り口が大きいものは芯の部分が大きくかたいです。

美味しく食べるコツ

カロテンは油と相性が良く、一緒に摂ると吸収率アップです。皮に近い所にカロテンが多く含まれているので、皮はなるべく薄くむきましょう。

保存方法

暑さに弱いので、ビニール袋に入れ冷蔵庫の野菜室へ。ゆでて冷凍保存しても良いでしょう。

簡単レシピ

キャロットライス

材料 4人分

米…2合、 にんじん…100g、 パセリ…大さじ1、 塩…適量、 こしょう…適量、 コンソメ…小さじ1、 オリーブ油…適量、 バター…大さじ1

作り方

(1)にんじんは細かく切り(すりおろしても可)、オリーブ油で炒め、塩、こしょうをします。 (2)米は洗って、通常の水加減よりやや控えめに炊飯器に入れます。 (3)(1)に(2)とコンソメを加えて炊き、炊き上がったらバターを加えて混ぜます。塩、こしょうで味を調え、好みでパセリを添える。

にんじんの関連レシピ

  • このコラムのTOPへ戻る
  • 特集・コラムのTOPへ戻る

  • 特集レシピ
  • 食コンディショニングおやつレシピ
  • 旬野菜のヘルシー食べ合わせレシピ
  • 日本酒にあう簡単おつまみレシピ
  • 食コンディショニングレシピ
  • 旬の京野菜レシピ
  • 女子力UPレシピ
  • 作り置きリメイクレシピ
  • カロリーダウンクッキング
  • 旬のお魚レシピ
  • 200kcal以下のかんたんダイエットスイーツ
  • 筋力・持久力・瞬発力UPの献立レシピ
  • 野菜ソムリエのベジフルレシピ
  • プロに教わる料理技(基本のお菓子)

  • 栄養素辞典
  • 和食の基本用語(材料・素材)
  • 和食の基本用語(道具・技法)
  • お菓子作りの基本用語
  • プロに教わる料理技 定番料理(和食)


ページの先頭へ戻る

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。
会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

料理レシピや写真・画像のご利用について