注目キーワード
りんご
しめじ
唐揚げ
照り焼き
ささ身
パーティ
さつまいも
むね肉

野菜ソムリエのベジフルレシピ

そら豆

そら豆について

サヤが空に向かって実るから「空豆」、蚕が作るまゆの形に似ているから「蚕豆」の字が使われます。栽培の歴史が古い豆で、エジプトなど地中海沿岸では4000年以上も前から栽培されていました。日本へは奈良時代にインド人僧侶が持参した説がありますが、記録上は江戸時代が最初です。そら豆は各地で様々な呼び方をされています。四月豆(四国)、五月豆(静岡)雪割豆(千葉)、大和豆(奈良)、唐豆(九州)などがあります。塩ゆでしておつまみとしての食べ方が一般的ですが、コロッケや、スープ、サラダやつけ合わせと使い方もいろいろあります。サヤごと焼くと豆の風味、甘味がしっかり味わえ、他の料理のした処理としてもゆでるよりおいしくいただけます。お試し下さい。中華料理の調味料のひとつ「豆板醤」はそら豆が原料です。

そら豆の栄養

そら豆の栄養は、野菜にはあまり含まれないたんぱく質が豊富で、他にはビタミンB群や葉酸、カロテン、ミネラル分も豊富に含まれています。

4月~6月

美味しいそら豆の見分け方

さやの色が濃く、うぶ毛がうっすらあり、ツヤのよいものを選びましょう。さやから取り出しているものを購入する際は芽の黒くなっていないものを選びましょう。

美味しく食べるコツ

鮮度が落ちやすいのでなるべく早く食べる事おすすめします。「おいしいのは3日だけ」と言われるほど鮮度が大切な野菜です。サヤから出すとかたくな理風味も落ちるのですぐに調理をしたほうがいいでしょう。

保存方法

さやつきのものはポリ袋に入れ冷蔵庫へ。さやから出したものはすぐゆで、冷蔵庫で保存し早めに使いきりましょう。ゆでたものは冷凍保存も可能です。

簡単レシピ

さやつきそら豆のグリル焼き

材料

そら豆…適量

作り方

(1)そら豆をさや付きのまま魚焼きグリルに入れて、両面に焼き色が付くまで焼きます(片面5~7分目安)。 (2)さやから取り出して、いただきます。 ■豆を使ったアレンジ…そら豆をつぶして、ゆでたじゃがいもと合えてコロッケに。炒めた玉ねぎ、とそら豆、牛乳でスープに。そら豆に市販の田楽みそをそえて。など、いろいろと使えます。ゆでたそら豆より豆の香り、甘味が強くおいしくいただけます。

そら豆の関連レシピ

  • このコラムのTOPへ戻る
  • 特集・コラムのTOPへ戻る

  • 特集レシピ
  • 食コンディショニングおやつレシピ
  • 旬野菜のヘルシー食べ合わせレシピ
  • 日本酒にあう簡単おつまみレシピ
  • 食コンディショニングレシピ
  • 旬の京野菜レシピ
  • 女子力UPレシピ
  • 作り置きリメイクレシピ
  • カロリーダウンクッキング
  • 旬のお魚レシピ
  • 200kcal以下のかんたんダイエットスイーツ
  • 筋力・持久力・瞬発力UPの献立レシピ
  • 野菜ソムリエのベジフルレシピ
  • プロに教わる料理技(基本のお菓子)

  • 栄養素辞典
  • 和食の基本用語(材料・素材)
  • 和食の基本用語(道具・技法)
  • お菓子作りの基本用語
  • プロに教わる料理技 定番料理(和食)


ページの先頭へ戻る

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。
会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

料理レシピや写真・画像のご利用について