15303.jpg

巻きずし

366Kcal(1人分換算)
60分以上

管理栄養士コメント

のりや干ししいたけは、便秘改善に働く食物繊維を多く含んでいます。また、のりには骨粗しょう症予防に役立つカルシウムや、肌を健康に保つビタミンAなど、女性にうれしい栄養素が豊富に含まれています。

材料(4人分)

(すし飯)
・米
2合
・昆布
1枚(5cm角)
・酒
大さじ2/3
(合わせ酢)
・酢
50ml
・砂糖
20g
・塩
小さじ1
・うま味調味料
少々
浅草のり
全形3枚
(かんぴょうの含め煮)
・かんぴょう
15g
・だし汁
1カップ
・砂糖
大さじ2
・薄口しょうゆ
大さじ2
(しいたけのうま煮)
・干ししいたけ
6枚
・干ししいたけの戻し汁
3/4カップ
・砂糖
大さじ2
・しょうゆ
大さじ1・1/2
(高野豆腐のうま煮)
・高野豆腐
2個
・だし汁
1・1/2カップ
・砂糖
大さじ4・1/2
・塩
小さじ1/3
・薄口しょうゆ
大さじ1・1/2
三つ葉
1束
しょうがの甘酢漬け
適量
青じそ
適量

作り方

  1. 1.米は洗って炊飯器のかまに入れ、水加減して昆布を入れて約1時間置きます。炊く直前に昆布を取り出し、酒を加えて再び水加減して炊きます。
  2. 2.合わせ酢の調味料は早めに合わせておきます。
  3. 3.炊きたてのご飯を飯切りに移し、(2)を木じゃくしに受けながら全体にかけます。
  4. 4.合わせ酢が全体になじむように混ぜます。
  5. 5.うちわであおいで冷まし、ツヤを出します。
  6. (かんぴょうの含め煮を作ります)
  7. 6.かんぴょうはたっぷりの水でホコリを洗い流します。水気を切り、塩(分量外)をふって手で軽くもみます。やわらかくなれば、水洗いし、熱湯でゆでて完全に戻します。
  8. 7.鍋にだし汁を入れて煮立て、(6)を入れて砂糖を加え、中火で約10分間煮ます。
  9. 8.薄口しょうゆを加え、汁気が無くなる寸前まで弱火で煮ます。
  10. (しいたけのうま煮を作ります)
  11. 9.干ししいたけは水で戻し、石突きを取ります。戻し汁は取っておきます。
  12. 10.鍋に(9)のしいたけと戻し汁、砂糖、しょうゆを入れ、ひと煮立ちすれば、弱火にして、煮汁がほとんど無くなるまで、ゆっくりと煮含め、細切りにします。
  13. (高野豆腐のうま煮を作ります)
  14. 11.高野豆腐はぬるま湯につけて戻します。
  15. 12.鍋にだし汁、砂糖、塩、薄口しょうゆを合わせ、(11)を煮て、2枚に削ぎ、さらに縦に4等分にします。
  16. 13.三つ葉は根を切り、サッとゆでます。
  17. 14.浅草のりはサッと炙ります。
  18. 15.巻きすに(14)をのせ、(5)のすし飯の1/3量を広げます。
  19. 16.すし飯の中央に、軽く水気を切った(8)、(10)、(12)、(13)をのせて巻き、巻き終わりを下にしておきます。これを3本作ります。
  20. 17.1本を8つに切り、しょうがの甘酢漬け、青じそを添えて器に盛ります。

ワンポイントアドバイス

しっかりと味付けしたかんぴょう、干ししいたけ、高野豆腐が酢飯とよく合う巻き寿司です。

【栄養価(1人分換算)】

エネルギー(kcal) 366
たんぱく質(g) 11
脂質(g) 3.6
炭水化物(g) 72.3
糖質(g) 67.3
食物繊維(g) 5
塩分(食品相当量)(g) 2.2
カルシウム(mg) 98
鉄(mg) 2
カリウム(mg) 517
亜鉛(mg) 1.7
ビタミンE(mg) 0.6
ビタミンB1(mg) 0.12
ビタミンC(mg) 8
コレステロール(mg) 0
ビタミンB6(mg) 0.16
ビタミンB12(μg) 1.7
葉酸(μg) 85
エネルギー(kcal)366カリウム(mg)517
たんぱく質(g)11亜鉛(mg)1.7
脂質(g)3.6ビタミンE(mg)0.6
炭水化物(g)72.3ビタミンB1(mg)0.12
糖質(g)67.3ビタミンC(mg)8
食物繊維(g)5コレステロール(mg)0
塩分(食品相当量)(g)2.2ビタミンB6(mg)0.16
カルシウム(mg)98ビタミンB12(μg)1.7
鉄(mg)2葉酸(μg)85

この「レシピ」のキーワード

レシピレンタルはこちら