注目キーワード
りんご
しめじ
大根
鶏もも肉
白菜
ささ身
パーティ
さつまいも
むね肉

チキンカレー&ナンレシピ

863Kcal(1人分換算)

チキンカレー&ナン

  • 携帯に送る
  • 印刷する
管理栄養士コメント
カレーにたっぷり入っているにんにくやしょうが、カレー粉は代謝を上げて、身体を温める働きがあります。寒い時だけでなく暑い夏にもぴったりのスタミナアップメニューです。

863Kcal

1人分換算
脂質 28.3g
糖質 109g
塩分(食塩相当量) 1.7g
コレステロール 122mg
ビタミンD 0.5μg
ビタミンB2 0.39mg

全ての栄養素を見る

燃焼レベル

靴磨き 466分

靴磨き

レシピの栄養価グラフ
  • たんぱく質
  • 食物繊維
  • カルシウム
  • 鉄
  • ビタミンA
  • ビタミンB1
  • ビタミンC

※数値については成人女性30~49歳の参考値にて算出
※1日3食、1食3~4品で均等割+αで算出

材料

4人分

  • (チキンカレー)
  • ・鶏肉(骨付き)400g
  • ・玉ねぎ3個
  • ・じゃがいも3個
  • ・カレー粉小さじ3
  • ・にんにく1片
  • ・しょうが1片
  • ・サラダ油大さじ3
  • ・ホールトマト(缶詰)1缶(400g)
  • ・プレーンヨーグルト1カップ
  • ・はちみつ大さじ1
  • ・ガラムマサラ小さじ1
  • ・塩少々
  • ・こしょう少々
  • (ナン)
  • ・強力粉400g
  • ・ドライイースト大さじ1
  • ・砂糖小さじ2
  • ・塩小さじ2/3
  • ・ぬるま湯200ml
  • ・卵1個
  • ・プレーンヨーグルト大さじ2
  • ・サラダ油適量

作り方

  1. 1

    ナンを作ります。強力粉とドライイースト、砂糖、塩を厚手のビニール袋に入れます。ビニール袋に空気を吹き込んでふくらませ、口をしっかり持ってよくふります。

  2. 2

    (1)の袋の中にぬるま湯、卵、ヨーグルトを加え、ビニールの口を閉めて外からもむように混ぜ合わせます。おおよそ混ざり、ひとつにまとまったら、打ち粉(分量外)をした台の上に出して10分間よくこねます。

  3. 3

    (2)を丸くまとめ、ボウルに入れラップをかけて、約2倍にふくらむまで45分~60分程度発酵させます。夏は木陰に、冬は火のそばにおいて30℃ぐらいに保つと発酵が順調に進みます。

  4. 4

    ナンを発酵させている間にチキンカレーを作ります。玉ねぎ、にんにく、しょうがはみじん切りにします。じゃがいもは大き目の乱切りにします。鶏肉は塩、こしょうをしておきます。

  5. 5

    鍋にサラダ油を入れ、(4)の玉ねぎ、にんにく、しょうがを加えて火にかけ、玉ねぎがキツネ色になるまで炒めます。

  6. 6

    (5)の鍋に鶏肉とカレー粉を入れ、カレー粉の香りが立ち、鶏肉の色が変わるまで炒めます。さらにホールトマトを手で潰しながら入れて煮立てます。煮立ったらヨーグルトとじゃがいもを入れ、弱火で30分ほど煮込みます。

  7. 7

    鶏肉の身が骨から簡単に外れるぐらいやわらかくなったら、はちみつを加え、塩、こしょうで味を調えます。最後にガラムマサラを加えて、火から下ろします。

  8. 8

    (3)で発酵したナンの生地を握りこぶしで潰し、ガスを抜きます。生地を4等分にして丸め、お皿に並べてぬれふきんをかぶせて10分程度休ませます(ベンチタイム)。

  9. 9

    (8)の生地をめん棒で2mmの厚さにのばします。温めたフライパンにサラダ油をひいてサッと片面を焼き、裏返してふたをし、ふくらむまで様子を見ながら焼きます。

  10. 10

    ナンが焼き上がったら、チキンカレーを添えていただきます。

ワンポイントアドバイス

ガラムマサラは、辛味や香味を持つ数種類のスパイスを混ぜ合わせたものです。香味成分は長時間加熱すると飛んでしまいますので、仕上げに加えるのがポイントです。粉を合わせてフライパンで手軽に焼けるナンは、作り方を覚えておくと便利。じっくり煮込んだチキンカレーにピッタリです。

ページの先頭へ戻る

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。
会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

料理レシピや写真・画像のご利用について